チーム存続危機に陥ったフォース・インディアが底力を見せた!【2018年F1第13戦ベルギーGP】

clicccar / 2018年8月29日 16時3分

2018年F1第13戦ベルギーGPが、スパ・フランコルシャン(7.004km、周回数44周)で開催されました。

約1カ月のサマーブレイク中、ダニエル・リカルド(レッドブル)のルノー移籍発表、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)の引退宣言など、来シーズンに向けて様々な動きがありましたよね。

中でも一番気になっていたのが、資金難に陥り破産申請を行っていたフォース・インディア。

ランス・ストロール(ウイリアムズ)のお父様でもある、ローレンス・ストロール率いる投資家コンソーシアムが買収することで交渉はまとまったと発表されたものの、譲渡の手続きに遅れが出ているためベルギーGPへの参戦が危ぶまれている、と報じられ本当に心配していました。

無事ベルギーGP参戦にできたフォース・インディアですが、今シーズン獲得してきたコンストラクターズポイントは取り消されることに…。

しかしドライバーの2人が、この不遇さえも吹き飛ばす素晴らしいパフォーマンスを予選で見せてくれました!

なんと突然の激しい雨に見舞われた難しいコンディションの中、セルジオ・ペレス4番手、エステバン・オコン3番手という快挙を成し遂げたのです!

チームの存続さえも危ぶまれていたフォース・インディアがポールポジションのルイス・ハミルトン(メルセデス)、2番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)の後ろ、2列目からスタートするなんて誰が想像できたでしょう!

フォース・インディアとベルギーGPといえば、ジャンカルロ・フィジケラが2009年にポールポジション、そして2位表彰台を獲得したことを思い出さずにはいられません。

「あの感動をもう一度!」、そう願いながらレースがスタートしました。

スタート直後のターン1でニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)が止まりきれず、アロンソに追突。

アロンソが前にいるシャルル・ルクレール(ザウバー)のマシンに乗り上げ宙を舞うという大クラッシュが発生し、セーフティカーが導入されました(2人とも無事で良かったです)。

セーフティカーが導入される前のケメルストレートでは、ベッテルがハミルトンを、ペレスがオコンをオーバーテイク。

この時点の上位勢の順位は首位ベッテル、2番手ハミルトン、3番手ペレス、4番手オコン、5番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)です。

混乱はセーフティカーラン中にも続きます。

ベルギーGP4勝と、現役F1ドライバー最多の記録を持つキミ・ライコネン(フェラーリ)の右リヤタイヤがバースト! どうやらスタート直後の混乱で起きたリカルドとの接触が原因のようです。なんとかピットまで戻り、タイヤ交換。14番手でレースに復帰しました。

5周目にレース再開。

7周目、ケメルストレートでフェルスタッペンがオコンをオーバーテイク。さらにその3周後にペレスもパスし3番手に順位をあげました。このフェルスタッペンの走りに、グランプリの名物となりつつあるフェルスタッペン応援団は大盛り上がり!

8周目、ライコネンがまたしてもピットイン。チームクルーがリヤウイングのDRS開口部をチェックしますが、そのままコースへ戻っていきました。

しかしその翌周、再びピットイン。マシンをガレージに入れリタイアとなってしまいました。スパを得意とするライコネンの追い上げを期待していただけに、残念です(涙)。

レースが順調に進むなか、上位勢で最初に動いたのはハミルトン。21周目にスーパーソフトタイヤからソフトタイヤに交換します。

さらにその翌周、ベッテルもソフトタイヤに交換し、首位をキープしたままコースに戻りました。

24周目にオコン、そして25周目にペレスがピットインしソフトタイヤに交換。2台の位置関係は変わりません。

さらに27周目、フェルスタッペンもタイヤ交換を終え3番手でレースに復帰しました。

と、ここで突如上位争いに加わったのがパワーユニット交換のためのグリッド降格ペナルティにより17番手スタート、さらにスタート直後の混乱でフロントウイングを壊し一時は最後尾まで落ちていたバルテリ・ボッタス(メルセデス)。

淡々と順位をあげ、最後のピットストップを終えた時点でオコンの前、5番手まで浮上したのです!

そして39周目、前を走るペレスの1秒以内に入り、41周目にDRSを使いケメルストレートでオーバーテイク! 4番手となりました。

シーズン後半の初戦を制したのは、スタート直後から首位を守りきったベッテル! 第10戦イギリスGP以来の勝利を、両足をくっつけながらピョンピョン跳ねる不思議な動きで喜ぶベッテルは最高でした(笑)。

フォース・インディアはペレス5位、オコン6位とトップ3チーム(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)には歯が立ちませんでしたが、このような状況下で見せたドライバーとチームの底力に胸が熱くなりました。

ファン投票で選ばれる「ドライバー・オブ・ザ・デー」はベッテルだったけれど、私の中の「ドライバー・オブ・ザ・デー」はやっぱりフォース・インディアの2人! ペレス、オコン、感動をありがとう!!

 

ベルギーGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
2/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
3/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
4/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
5/#11/セルジオ・ペレス/フォース・インディア
6/#31/エステバン・オコン/フォース・インディア
7/#8/ロマン・グロージャン/ハース
8/#20/ケビン・マグヌッセン/ハース
9/#10/ピエール・ガスリー/トロロッソ
10/#9/マーカス・エリクソン/ザウバー

(yuri)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング