来春発売!? 次期スープラの自慢は、加速&減速時に発するエンジンサウンド

clicccar / 2018年9月12日 11時3分

本年7月に開催された英グッドウッド・フェスティバルでスポーティなエンジンサウンドをサーキット全体に響かせて観客を沸かせた次期「トヨタ スープラ」。

当日、自らステアリングを握って豪快な走りを披露した開発責任者・多田哲哉チーフエンジニアは、自慢のエンジンサウンドを路肩の観客に存分に届けるべく、走り方を工夫していたそうです。

というのも、次期スープラには加速時のみならず、アクセルをオフにした際もブレーキングとの組み合わせで様々なエンジンサウンドを発するそうで、動画にもスポーツカーファンが思わず興奮するサウンドが収められています。

次期スープラは直6エンジンを車両前部に搭載、後輪で駆動するFR方式を採用。BMWとの共同開発による新世代エンジン(予想スペック:3.0L直6ターボ 350ps)を搭載している模様。

レースに出場する際に必要となるクーリング対策(穴あけ等)があらかじめ織り込まれているそうで、車両価格についても極力抑える努力をしているそうです。

来春とみられるトヨタのスポーツカーブランド「GR」から登場予定の「トヨタ スープラ(A90)」発売が大いに注目されます。

(Avanti Yasunori)

clicccar

トピックスRSS

ランキング