X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用

clicccar / 2018年9月18日 8時3分

BMW初のEVクロスオーバーSUV、「iX3」市販型プロトタイプを初めてスクープに成功しました。これまでも、ベースとなる「X3」のテストミュールは目撃していましたが、市販モデルは初めてです。

4月の北京モーターショーにてコンセプトモデルが公開されましたが、今回のスクープで市販型では、「X3」と異なる独自のフロントマスクとなることが判明しました。

キドニーグリルや、バンパーのコーナーエアインレットは完全に閉鎖されディテールは不明です。しかしながら、その形状からもコンセプトモデルから意匠を得たデザインとなる可能性があります。またEVのためエキゾーストパイプのないリアバンパーも特徴となっています。

パワーユニットには容量70kWhのバッテリーを搭載し、最高出力270psを発揮、航続距離は400kmに達します。150kWhの急速充電器により、約30分でフル充電が完了します。

キャビンは撮影できませんでしたが、EV特有のインフォテイメントディスプレイが期待出来るとレポートされています。

アウディ「e-tron」やメルセデス「EQC」、ジャガー「I-PACE」をライバルとし、2019年内あるいは2020年に正式デビューとなりそうです。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング