【ゴルフトゥーランTDI】追加されたディーゼルターボは340Nmの大トルクで余裕たっぷりの走り。実用的な3列目にも注目

clicccar / 2018年10月18日 11時33分

新世代フォルクスワーゲンのプラットフォーム・MQBを採用した初の世代である現行トゥーラン。

従来は1.4Lのダウンサイジングターボエンジンのみの設定でしたが、2Lクリーンディーゼルターボエンジンを搭載した仕様が追加されましたので紹介します。


試乗したグレードはTDIハイライン(6速DCT・407万9000円)。全長・全幅・全高はそれぞれ4535mm・1830mm・1670mmとなります。車重は1630kg。全長は4.5m級とコンパクトサイズですが、全幅がたっぷりと取られているため室内空間は余裕があります。

とりわけ初代でも美点であった3席独立型の2列目シートは注目に値します。3座とも大人がしっかりと長時間座れるだけの大きさを持ち、骨格もしっかりしています。またそれぞれ独立してスライドやシートバックを倒すことが可能です。

 

また3列目シートはさすがに大人の長距離ドライブには不向きですが、短時間であればクレームが出ないだけの頭上・ひざ前空間(2列目シートの前方スライド必須ですが)を確保しています。

フォルクスワーゲンらしいな、そしてドイツ車らしいなと感じるのはこの2&3列目シートのシートバックを倒した際に、きっちりと水平が出るところです。
荷物が積みやすいのはもちろんですが、見た目がすっきりして気分がいいです。

搭載される2L・4気筒ディーゼルターボエンジンは最高出力が150ps/3500~4000rpm。最大トルクは340Nm/1750~3000rpm。これは同じ時期に販売開始されたティグアンTDIに搭載されたものと同スペックです。

ただしティグアンTDIでは全車4WDモデルのため車重が1730kgとなっています。

一方でこのトゥーランは3列シートでありながらFFだということもあり、車重は1630kgと軽量ですから大パワーがもたらす余裕は相当のもの(だってティグアンだって十分以上に速いんですもの)。

街中では2000rpm弱ほど回していれば既に最大トルクが出ていますので、ほとんどアクセルを踏み込むという気にもなれないぐらいの快速ぶりでした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング