待望の新兵器も室屋選手は不発。チャンピオン争いは大混乱!【レッドブルエアレース・インディアナポリス】

clicccar / 2018年10月21日 12時3分

レッドブルエアレース、今年の第7戦の舞台はインディアナポリス。

昨年最終戦の開催地でもあったインディアナポリスモータースピードウェイはインディ500の舞台であると共に、タイトル争いを首の皮一枚でつないでいた室屋選手が1分03秒026というシミュレーションを遥かに凌ぐスーパーラップで奇跡の大逆転を演じ、世界チャンピオンを獲得した思い出の地だ。

今年は前戦で微かに残っていたタイトル連覇の可能性が消えたが、年間ランキング3位に入る可能性は残っている。また、前戦ウィーナーノイシュタットでは2位と復調の兆しを見せ、タイトル挑戦者に対する”壁”としての役割も期待される。

そんな室屋選手とチームファルケンがついにウイングレットを投入した。

ウイングレットは2014年にナイジェル・ラム選手が実戦投入した主翼の空気抵抗を軽減させる装置。一見するとシンプルな見た目だが、外見からは想像できない開発期間がかかる。機体特性にも大きく影響を及ぼすので、現時点で投入を見送っているチームもある。

最終戦での投入を検討していたが、今回前倒しで投入する事となったとのこと。

レーストラックのレイアウトは昨年と同じ。スピードウェイ中央のハルマン・ブルーバードを離陸、そのまま2周半する。2回行うVTM(垂直ターン)の際、スタンド観客席より上を飛行するが、風の強さが変わるようで次の90度曲がって進入するゲートでパイロンヒットする選手が昨年は目立っていた。

3回のフリープラクティスで室屋選手は4位、2位、4位と順調な仕上がりを見せた。ウイングレット装着しても操縦フィーリングは変わらないという。ランキング上位では前戦で自力タイトル確定の可能性が消えたマイケル・グーリアン選手が1位、1位、7位(ペナルティ2秒が無ければ3番手相当)とこちらも復調をみせる。ポイントリーダーのマルティン・ソンカ選手は2位、4位、7位と徐々に順位を落としている事が気になる。

予選はソンカ選手がトップ。一人だけ1分5秒を切った。2位はファン・ベラルデ選手。昨年も表彰台を獲得したここは得意のコース。3位はランキング2位のマット・ホール選手。室屋選手は5位。ランキング3位のグーリアン選手は8位であった。

【予選結果】
1位  マルティン・ソンカ 01:04.751
2位 ファン・ベラルデ 01:05.226
3位 マット・ホール 01:06.086
4位 ニコラス・イワノフ 01:06.149
5位  室屋義秀 01:06.273
6位 マティアス・ドルダラー 01:06.442
7位 ピート・マクロード 01:06.463
8位 マイケル・グーリアン 01:06.505
9位 クリスチャン・ボルトン 01:06.695
10位  ベン・マーフィー 01:06.848
11位 ミカ・ブラジョー 01:07.100
12位 フランソワ・ル ボット 01:07.938
13位 ペトル・コプシュテイン 01:08.657
14位 カービー・チャンブリス 01:09.163

【ラウンド・オブ・14】

決勝日は好天。気温が高く、機体の速度差は小さくなり各パイロット腕の差が勝負を分ける。

・ヒート1 室屋選手はベン・マーフィー選手との対決となった。マーフィー選手は今回練習・予選を通して12,13番手。タイムが1分6秒を彷徨い調子が奮わない。比較的楽な相手と思われた。実際、ここでも1分7秒130のタイムだった。後攻で飛行の際ゲート13で僅かに速く機体が動き、インコレクトレベルを喫する。1分5秒台駆け抜けたが、ペナルティで1分7秒734。……まさかの初戦敗退であった。

・ヒート2 今シーズン好不調の波が激しいブラジョー選手、1分6秒295で予選を0.8を上回る。イワノフ選手、1分5秒295と予選4位の好調さを見せ勝ち上がる。

・ヒート3 ボルトン選手、予選9位といつもよりやや上位で決勝に挑みノーペナルティで1分6秒163と悪くないタイム。後攻ドルダラー選手はゲート6でペナルティ。スモークも出ず合計3秒のタイム加算は勝負権が無く、敗退する。

・ヒート4 FP3で1分4秒前半を叩き出していた先攻ル ボット選手だが、1回目VTMで垂直上昇出来ず、更にゲート9でインコレクトレベルと合計3秒加算で自滅する。後攻ホール選手もゲート4でインコレクトレベルを喫するが、1分7秒164で勝ち抜けた。

・ヒート5 先攻グーリアン選手、1分5秒182の好タイムを記録するも、後攻マクロード選手は1分4秒223のスーパータイムを叩き出す。昨年中盤、予選無双だったマクロード選手がここで魅せた。

・ヒート6 コプシュテイン選手、ノーペナルティだが1分7秒902と伸び悩む。後攻ベラルデ選手、1分6秒094で勝ち上がる。

・ヒート7 先攻チャンブリス選手はFP3,予選と最下位の辛酸を嘗めていたが、ここで1分5秒140と本ラウンドでの2番時計を叩き出す。後攻ソンカ選手、1分6秒463のタイムではファステストルーザーにも残れず敗退した。ここに来てのたった1点。しかも、自身の敗退で最速の敗者として勝ち上がるのはタイトル獲得の可能性が残るグーリアン選手。消えかけていたグーリアン選手のタイトル獲得の炎が少し勢いを取り戻した。

【ラウンド・オブ・8】

・ヒート8 先攻ベラルデ選手、ゲート13でインコレクトレベルを喫し1分8秒843に終わる。後攻イワノフ選手、1分8秒583とノーペナルティーで貯金を使い切って勝利する。エンジンを労わったフライトに見える。

・ヒート9 先攻ボルトン選手、1分7秒888に終わる。後攻グーリアン選手は1分6秒489で落ち着いて勝ち上がる。

・ヒート10 マーフィー選手、予選を遥かに上回る1分5秒428を叩き出す。後攻チャンブリス選手は、1分7秒台でゴール後、ゲート2でTooHighペナルティを取られ、1分9秒781で敗退

・ヒート11 ホール選手、ゲート9で痛恨のパイロンヒット!マクロード選手は1分5秒756でファイナル4に勝ち上がる。ここでランキング2位も敗退し、チャンピオンシップが大きく動く。

【ファイナル4】

飛行の順序は勝ち抜け順、イワノフ・グーリアン・マーフィー・マクロードの順に飛行となる。マーフィー選手は初のファイナル4進出だ。

イワノフ選手 ノーペナルティ、1分6秒951 このタイムでは優勝は苦しそうだ。
グーリアン選手 ノーペナルティ、1分6秒208 トップに立つ。
マーフィー選手 ノーペナルティ、1分7秒863……3番手。グーリアン選手の2位が確定する。
マクロード選手 ノーペナルティ、1分6秒736……届かず、2位。グーリアン選手が母国優勝!

グーリアン選手、開幕戦以来の2勝目。ポイントを70ポイントに伸ばした。ソンカ、ホールら他の上位選手が1/5点とポイントを伸ばせず、それぞれ65/63ポイントに止まった結果、ランキング3位から首位に返り咲いた。

一方、室屋選手はノーポイント。最終戦は年間4位を目指し、また翌年のタイトル奪還に向けたフライトとなる。

グーリアン選手は次戦2位以上でタイトル獲得となる。

残り2名は2位以上が必須。ソンカ選手は優勝(65+15)し、グーリアン選手が3位以下(70+9)の場合か、2位(65+12)の場合は、グーリアン選手が4位以下(70+7)の場合(同ポイントの場合、勝利数が多い方が優勝)。

ホール選手は優勝(63+15)の場合はグーリアン選手が4位(70+7)以下、2位(63+9)の場合はグーリアン選手が9位以下(70+2)でソンカ選手が5位(65+6)の場合、タイトル獲得の可能性が残された。

最終戦フォートワースは11/17,18にアメリカ・テキサス州のテキサス・モータースピードウェイで開催される。

フォートワースで最後に開催されたのは2015年、優勝はポール・ボノム、2位はホール選手。ソンカ選手が4位と活躍した一方でグーリアン選手は、予選・決勝共に12位/9位と結果を出せていない。室屋選手にとっては2度目の表彰台(3位)を獲得したレースである。

最終戦も昨年同様、予選からファイナル4までタイトル争いのドラマが繰り広げられそうだ。

(川崎BASE・photo:Mihai Stetcu/Balazs Gardi/Predrag Vuckovic Red Bull Content Pool)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング