日本企業のブランド価値ランキングでトヨタ自動車が11年連続首位!

clicccar / 2019年2月16日 6時3分

ブランドコンサルティングを手掛けるインターブランドジャパンが2月14日、グローバルに展開する日本企業のブランド価値ランキング「Japanʼs Best Global Brands 2019」を発表しました。

売上高比率が30%以上の日本企業を対象に、財務データや消費者アンケートなどを独自に分析して算定、2009年から公表しているもので、それによると、トヨタ自動車が11年連続で第1位となっており、その価値は約5.8兆円(前年比+6%増)となっています。

自動車4ブランドが上位を占めており、2位はホンダ(前年比+4%)、3位は日産自動車(同+6%)、10位がスバル(同+5%)の状況。

一方、成長率ではスズキ(16位 同+23%)が資生堂(同+30%)に次いで2位に位置しており、全体の傾向としては、顧客ニーズに対して新しい価値を生み出し続けているブランドが伸びています。

そうしたなか、首位のトヨタ自動車は長期的なブランド投資などが高く評価されているようです。

(Avanti Yasunori)

【関連リンク】
インターブランドジャパン
https://www.interbrandjapan.com/ja/index.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング