アウディ RS6 アバントの新型は700馬力の可能性も。市販プロトタイプを初補足!

clicccar / 2019年5月5日 6時3分

アウディのスポーツワゴン「A6アバント」に設定される最強モデル「RS6 アバント」の市販型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

以前目撃されていた開発車輌はテストミュールでしたが、これが市販型モデルとみられます。

刷新されたヘッドライト、ハニカムメッシュのワイドグリル&大口コーナーエアインテーク、フロントスプリッターを装着。サイドビューでは、V字型ブラックスポークホイールや巨大ブレーキキャリパー、サイドスカートなどが見てとれます。リアエンドには、新グラフィックのテールライトをはじめ、巨大な楕円形ツインエキゾーストパイプやディフューザー、ルーフスポイラーが装備されているのが確認できます。

前後ワイドフェンダーの黒い部分は、運転支援技術用のセンサーの可能性が高いです。

パワートレインには、先日ベントレー「コンチネンタルGT」に設定された4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、最高出力は650psを発揮します。また噂では、ポルシェ「パナメーラターボS E-ハイブリッド」から流用されるプラグインテクノロジーを搭載し、最高出力700ps・最大トルク850Nmとう強力なパワーを生み出すといいます。

ワールドプレミアは、最短で9月のフランクフルトモーターショーと見られていますが、2019年末、あるいは2020年3月となる可能性もあるでしょう。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング