コンチネンタルタイヤの「EcoContact 6」がメルセデス・ベンツ Cクラスの新車装着タイヤに採用

clicccar / 2019年5月12日 8時3分

2018年にマイナーチェンジを受けたメルセデス・ベンツCクラスは、日本向けの仕様として一部グレードをのぞいてランフラットタイヤを廃止し、乗り心地の良さを求めるニーズに応えており、2019年3月に日本で発売が開始されたコンチネンタルタイヤのハイパフォーマンス・エコタイヤ「EcoContact 6(エコ・コンタクト・シックス)」が新車装着タイヤとして採用されています。

タイヤサイズは、フロントが225/45R18 95Y、リヤが245/40R18 97Yで、サイドウォールにはメルセデス・ベンツの承認マークである「MO」が刻印されています。

「EcoContact 6」は、次世代のコンパウンド・テクノロジーである「グリーン・チリ 2.0」が採用されたハイパフォーマンス・エコタイヤで、3つの相反する性能である「ウェットブレーキ性能」、「転がり抵抗」、「耐摩耗性能」をハイレベルで両立したEcoContactシリーズの最新モデル。

日本で発売が開始された31サイズ中13サイズが欧州タイヤラベリング制度でウェットブレーキ性能、転がり抵抗ともに最高グレードの「A/A」を獲得しています。

ドイツのコンチネンタルタイヤは、「グローバル・メルセデス・ベンツ・アフターセールス・タイヤプログラム」の一環として、ダイムラー社より、アジア太平洋地域のメルセデス・ベンツの「プリファード・パートナー」に認定されています。

このパートナーシップは、日本、中国、台湾、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、インド含むアジア太平洋地域を対象とするもので、期間は2018年9月から2020年8月までの2年間。期間中、独自のマーケティングコンセプト開発のほか、共同で販売キャンペーンや セルアウト・プロモーションを実施していくとしています。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング