センサーにより間違ってアクセルを踏んだら加速させない装置【ペダル踏み間違い時加速抑制装置2】

clicccar / 2019年6月23日 17時3分

■ ■後付けできるペダル踏み間違い加速抑制装置

・最新のサポカーSなら付いているクルマも

アクセルとブレーキのペダル踏み間違いは、自動車交通事故の原因としてたびたび問題とされています。

運転時の姿勢など見直す部分はあるにしても、クルマ側でヒューマンエラーを抑止してくれる機能があれば、事故を未然に防くコトができる可能性は高まります。現行車種では、サポカーS(セーフティ・サポートカーS)と称されているクルマ全般に装備される「ペダル踏み間違い時加速抑制装置等」がコレに該当します。

とはいえ、この機能のためだけに、クルマを乗り換えるというのもカンタンではありません。

そこで、後付けできる「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」などを紹介します。ちなみに、ココで紹介するペダル踏み間違い加速抑制装置にも、2つの種類があります。

ひとつめは、壁やコンビニなど目の前の建物に突っ込んでしまうような状況を予防するもので、カーメーカー系。

ふたつめは、急なアクセル操作そのものをキャンセルし、急発進・急加速を予防するもので、アフターパーツメーカー系。

本記事では双方を紹介しています。

トヨタとダイハツ、カーメーカー製は壁を検知して出力抑制ソナーによる障害物検知でぶつかりそうな壁があると、アクセルをキャンセルする

メーカーが用意した後付け装置が、トヨタの「踏み間違い加速抑制システム」とダイハツの「つくつく防止」です。
これらはいずれも、ブレーキと間違えてアクセルを強く踏んでしまった際などに、建物に突っ込んでしまうようなシチュエーションでそれを防止するシステムです。

踏み間違い加速抑制システム/トヨタ

●適合車種
プリウス(09年5月~15年12月)
アクア(11年12月~18年4月)
プリウスα(11年5月〜)
プレミオ(07年6月〜16年5月)
アリオン(07年6月〜16年5月)
ポルテ(12年7月〜)
スペイド(12年7月〜)
WISH(09年3月〜17年10月)
カローラ アクシオ(12年5月~17年10月 19年10月発売予定)
カローラ フィールダー(12年5月~17年10月 19年10月発売予定)
パッソ(10年2月~16年4月 19年10月発売予定)
ヴィッツ(10年2月~18年5月 19年12月発売予定)

●価格
5万1000円+税(工賃別途)

※記事掲出当初、工賃込みと記載しておりました。お詫びして訂正致します。2019年6月24日19:00

つくつく防止/ダイハツ

・適合車種
タント [L375S系](2007年12月〜2013年9月)
ムーヴ [L175S系](2006年10月〜2010年12月)
ミラ [L275S系](2006年12月〜2013年2月)
ミラココア [L675S系](2009年8月~2018年2月)
ムーヴコンテ [L575S系](2008年8月~2017年1月)
タントエグゼ [L455S系](2009年12月~2014年9月)

・価格
3万2000円+税(工賃別途)

※記事掲出当初、工賃込みと記載しておりました。お詫びして訂正致します。2019年6月24日19:00

いずれも、前後4箇所にソナーを後付けし、約3m先までの障害物を検知するとブザーとランプで警告します。障害物を検知した状態であれば、アクセルを強く踏み込んでしまっても燃料供給がカットされ、急発進を抑制する仕組みになっています。

作動条件は、トヨタ、ダイハツとも、約10km/h以下の車速、約3m先までの壁や建物、アクセルペダルを強く速く踏み込んだ場合の3条件が組み合わさった状態です。

条件に該当すると、エンジン出力抑制+ブザーで知らせ、トヨタは約5秒間、ダイハツは約8秒間エンジン出力が抑えられます。これは、前進時も後進時も対応します。

さらにトヨタの踏み間違い加速抑制システムの場合、バック時は障害物がなくとも、5km/h以上の速度が出ないようになっています。これはバックしていて速度が5km/h以上になった時に加速を抑制するほか、5km/h以上でバック(下り坂などで加速したとして)している状態に追加でアクセルオンしても加速しないようになっています。

いずれも、ブレーキを自動で作動させるものではないので、停止にはブレーキを踏むことが必要になります。

トヨタ、ダイハツとも、適合車種については各車ともブレーキオーバーライドといわれる、アクセルとブレーキを同時に踏んだ場合、ブレーキが優先されエンジン出力が抑制させる機能がついている車種なので、踏み変えなくとも、左足でもいいのでブレーキさえ強く踏むことができれば、制動してくれることになります。

適合車種は、リリース時期以降順次拡大しており、トヨタが12車種、ダイハツが6車種となっています。

適合車種が増えた! と言っても、これからリリースされる分を含めてトヨタ12車種とダイハツ6車種のみ。それ以外の車種のユーザーにはアフターパーツメーカーの製品を紹介します。

■アフターパーツの主流はペダルの踏み込み監視・急なアクセルワークを検知し、操作をキャンセルする

アフターパーツメーカーによる装置は、カンタンにいうとブレーキを踏むような踏み方でアクセルを踏んでしまっても、それをなかったコトにできるという仕組みのものが主流となります。

低速時のアクセルペダルの開度と踏み込み速度を監視し、一定の条件になった場合、アクセルからの信号をキャンセルすることによって、踏み間違いによる急発進を抑制します。

これは、停止時や低速時にブレーキペダルを奥まですばやく強く踏むことはあっても、アクセルペダルをそこまですばやく深く踏み込むことはないという前提から来ています。そういった操作がアクセルペダルに対して行われた場合に、その操作を踏み間違いとみなして、キャンセルするということになります。

ペダルの見張り番Ⅱ/データシステム

・適合車種
国産車約200車種

・価格
4万円+税(工賃込み)

オートバックス専売となっているデータシステムのペダルの見張り番は、アクセルおよびブレーキハーネスに接続する装置です。10km/h以下での前進・後退時に、アクセルの急な踏み込みと、アクセル&ブレーキの同時踏み込みを防止します。

危険な動作をキャッチすると、アクセル信号を解除して急加速を抑制し、アクセルを戻すまで点滅とブザーで知らせます。

基本的にエンジン始動とともにオンになり、上り坂などでアクセルの踏み込みが必要な際は、ボタンを押すことで、次にアクセルを戻すまでキャンセルすることができる設計になっています。

なお、感度は5段階で、防止機能が稼働した回数を記憶しておくこともできます。200車種近い国産車に取り付けが可能です。オートバックスでの取付工賃を含めて、税込み4万円とのことです。

オートバックスでは前モデルの「ペダルの見張り番」も併売しており、こちらは感度の調整機能が3段階になり、オフスイッチが付いていないものになります。価格は3万円+税(工賃込み)となります。

誤発進防止システムS-Drive/サン自動車工業

・適合車種
電子スロットル車用 国産約200車種
スロットルワイヤー車用 普通車用、軽自動車用があり

・価格
3万円+税(工賃別)

サン自動車工業の誤発進防止システムS-Driveは、最近主流となっている電子スロットル車のほか、スロットルワイヤーを用いたモデルにも対応しているのが特徴です。停車からの加速時の0〜8km/h、減速時の16〜0km/hへの範囲で、急なアクセルの踏み込みをした際に、システムが作動します。

システムが作動すると、電子スロットル車の場合はアイドリング(ニュートラル)制御になり、スロットルワイヤー車の場合はエンジンストップをします。また、システムが作動したことを聴覚的・視覚的に確認できるよう、警告音とランプ点滅で運転者に知らせます。

適合車種は電子スロットル車用が国産の約200車種。スロットルワイヤー車用は普通車用と軽自動車用があります。いずれも、本体価格は3万円+税。詳しい適合や工賃などは、同社サイトにある取リ扱い販売店マップにて最寄りの取扱店に問い合わせしてみてください。

リバースリミッターハーネス/シエクル

・適合車種
レスポンスブースターフルオート等ハーネス対応機種の適合車種
国産・輸入車を含め約350車種

・価格
同社スロットルコントローラーのオプションハーネス
1000円+税
※スロットルコントローラー本体が別途必要


シエクルでは、同社のスロットルコントローラーであるレスポンスブースターフルオートおよびオーバーテイクブースターのオプションパーツとして、リバースリミッターハーネスを設定。これは、バック時にアクセル開度が20%以上開かない後方誤発進抑制制御が働きます。なお、レスポンスブースターフルオートで適合車種は国産・輸入車を含めて、約350車種となっています。

■積極的予防のためにパーツ導入も一手・日頃からペダル位置を含めたドライビングポジションの確認も

今回紹介した装置の多くに共通することは、最終的に止まるためにはドライバーがブレーキ操作をしなければならないことです。

これにはブレーキを踏む、パーキングブレーキを使う、変速をPレンジなどに入れる等の動作が必要になります(スロットルワイヤー車でサン自動車工業の誤発進防止システムS-Driveを使った場合はエンストするので制動がかかる可能性は高いです)。

クルマ側の機能としては、衝突被害軽減ブレーキシステム(プリクラッシュセーフティシステム)が担うものとなり、現状ではメーカーによる車種ごとの設定に限られ、アフターパーツでは販売されていません。

最後には自らの足をブレーキペダルに踏み変えて制動することが重要となります。

予防安全のために、自分にあった「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」を装着しつつ、安全な場所でブレーキを強く踏む練習などをしてみるのもいいかもしれませんね。

(古川教夫)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング