メガーヌR.S.トロフィーRからユニットを移植。A110 GT4レーサーの公道バージョンをキャッチ

clicccar / 2019年6月10日 6時3分

■ ●アルピーヌA110にシャコタン仕様!? 300馬力の高性能モデルを設定へ

アルピーヌは、ジュネーブモーターショー2018にて「A110」のレーシング版「GT4レーサー」を発表しましたが、その公道バージョンと思われるプロトタイプがニュルに出現しました。

パワートレインは、先日「シビックタイプR」のニュル記録を破ったルノー「メガーヌR.S.トロフィーR」から流用される1.8リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載し、最高出力300ps・最大トルク350Nmのパフォーマンスを発揮、6速シーケンシャルトランスミッションと組み合わされると予想されます。

プロトタイプのエクステリアは、レースカーにインスパイアされたオレンジのペイントが施され、ボディを1.6インチ(40mm)ローダウン。調整可能なオーリンズショックアブソーバー、マグネシウムブレンボ製ブレーキシステムを装着し、軽量化が図られています。

ワールドプレミアの場は、7月4日に開催されるグッドウッドフェスティバルと予想されており、同市場ではポルシェ「ケイマンGT4」、BMW「M2」などと戦うことになりそうです。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング