スズキ新型KATANA(カタナ)のポイント解説「スポーティさと快適性を両立するポジションを実現」【車体編】

clicccar / 2019年6月13日 16時0分

■ ■スーパースポーツ譲りの高剛性ツインスパーフレームを採用

新型KATANAでは快適にライディングを楽しむため、小型・軽量な車体を開発。ストリートからワインディングまで、様々な走行条件において、快適なハンドリング性能を確保しています。

●快適なシートとスリムな車体


グリップの良いシート表皮を採用することによりライディング時のマシンホールディング性を向上させ、人車一体感を演出しています。シート高は825mmとし、タンクとつながるシート形状により、良好な足着き性を実現しました。

●フレーム/スイングアーム


メインチューブは、ステアリングヘッドからスイングアームピポットまで一直線となっており、高い剛性と軽量化を両立させるデザインとなっています。
フレームは、FEA(Finite Element Analysism)解析技術により、強度、剛性の最適化を実現。シートレールは、ショートテールデザインにあわせて新設計しました。
スイングアームはアルミ製を採用。ターンシグナル付きスイングアームマウントリヤフェンダーを取り付けるため一部変更されていますが、形状はGSX-R1000を継承しています。

●ライディングポジション


幅広のアップハンドルによりリラックスした快適なライディングポジションを実現し、良好な視界を確保しました。シートとハンドルの距離が近くなることでライディングポジションの自由度を高め、疲労感の低減と走りの楽しさに貢献しています。

(ライダー:ケニー佐川/身長179cm)

●フロントサスベンション


インナーチューブ外径43mm、ストローク120mmのKYB製倒立フロントフォークを採用。フロントフォークは伸び側/圧側ダンピング、スプリングプリロードのフルアジャスタブルとなっています。

●リヤサスベンション


プログレッシブ特性のリンクタイプモノショックユニットは、63mmのストロークを確保。様々な状況において、軽快かつ安定感のある特性を発揮します。リヤサスペンションは、伸び側ダンピング、スプリングプリロードの調整が可能です。

●ブレンポ製ラジアルマウントモノブロックキャリパー/ABS


フロントブレーキには、直径32mm対向4ピストンのブレンボ製ラジアルマウントモノブロックキャリパ一を採用。310mmフローティングマウントダブルディスクとともに強力なストッピングパワ一を発揮します。

アンチロックブレーキシステム(ABS)はボッシュ製で、重量は640gと軽量・コンパクト。車輪l回転あたり5回車輪速を監視し、ロック傾向を感知すると作動します。

●ホイール/タイヤ

アルミ製キャストホイールは軽量6本スポークを採用。軽快なハンドリングとスポーティな外観を両立させています。タイヤはダンロップ製ラジアル「SPORTMAX Roadsport2」で、KATANA専用設計による優れたグリップとハンドリングを発揮します。

●ハンドルバー


アルミ製ハンドルバーはテーパー構造となっており剛性を高めつつ重量を軽減。ブラックアルマイト仕上げとすることで高級感を演出しています。

●3モードトラクションコントロールシステム


5つのTCセンサー(前後輪の速度センサー、スロットルポジションセンサー、クランクポジションセンサーおよびギヤポジションセンサー)の情報により、リヤタイヤのホイールスピンを検出。点火タイミングとセカンダリスロットルバルブの開度を制御することで、速やかにエンジン出力を低減します。そのエンジン制御は、1秒間に約250回と非常にきめ細かいもので、滑らかな発進・走行を可能としています。

トラクションコントロールシステムは、3つのモードの中から好みのモードを選択することができ、オフにすることもできます。

●スズキイージースタートシステム


ワンプッシュで始動が可能。スーターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転し、32ビットECU(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止めます。ニュートラル時、クラッチレバーを握らなくても始動が可能となっています。

【主要諸元】
スズキKATANA
全長×全幅×全高(mm):2,130×835×1,110
軸間距離(mm):1,460
シート高(mm):825
車両重量(kg):215
エンジン形式:水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブ
総排気量(cc):998
最高出力(ps/rpm):148/10,000
最大トルク(kgm/rpm):10.9/9,500
燃料タンク容量(L):12
ブレーキ(前・後):ダブルディスク・ディスク
タイヤ(前・後):120/70ZR17・190/50ZR17
価格(円・税込):1,512,000

(文/長野達郎 動画/藤原孝洋)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング