後継モデルはEV!? 名車ジャガーXJ、7月に生産終了か?

clicccar / 2019年6月11日 6時3分

ジャガーの歴史を支えてきた名車「XJ」が、今夏をもって生産終了となる可能性があることが英Autocar誌の調べでわかりました。

「XJ」の歴史は1968年、それまでの「Sタイプ」「420」「240/340」後継モデルとなる「XJ6シリーズI」から始まりました。当時ロールス・ロイスをも凌ぐ快適性や4ドアセダンの常識を覆す運動性能をあわせ持ち、高い評価を得たモデルです。

その後改良を加えながらも丸眼四灯デザインを継承していましたが、2009年ついに伝統のフロントマスクと決別。薄くシャープなヘッドライトやスポーティなメッシュグリルを採用する「X351系」へ大胆な若返りを敢行。4年前には、最新世代のインフォテインメントシステムを搭載し、メルセデスベンツ「Sクラス」やBMW「7シリーズ」、アウディ「A7」に対抗してきましたが、2018年には欧州で1,099台、米国では2017年の2,721台から1,579台へと減少が止まっておらず、最終的決断が下された可能性があります。

同誌の調べでは、今夏7月にも最終ユニット・ラインがロールオフされ、生産終了となる見通しです。

しかし、XJの終わりがジャガーの終わりではありません。最新情報によると後継モデルの開発にすでに着手しているといい、その新型モデルは90kWh、または100kWhのバッテリーパックを搭載。最大200psの電気モーターを4基使用するフルEVモデルだといいます。

また4ドアセダンではなく、ハッチゲートを持つ5ドアになることも予想され、ライバルは「Sクラス」や「7シリーズ」から、テスラ「S」やポルシェ「タイカン」へシフトチェンジされると予想されます。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング