フォルクスワーゲンとフォードが提携を強化。その戦略とは?

clicccar / 2019年7月17日 6時3分

昨年6月に戦略的提携を発表したVWとフォードですが、両社は新たに自動運転やEVに関する提携拡大を発表するなど、活発な動きをみせています。

VWは独ミュンヘンに拠点を置き、フォード傘下で自動運転技術開発を手掛けるアルゴAIに出資。一方、フォードもVWのEVプラットフォーム「MEB」採用により、欧州向けにEV投入を予定している模様。

両社は数年後に自動運転車の商用化を目指しているようで、アルゴ社を巻き込むことで技術面や開発費軽減への効果が期待できそうです。

アルゴも自動運転システムの欧米展開を考えているようで、フォードや大手VWとの協業が販売にプラスに働きそうです。

今回の提携拡大により、VWはアルゴ社の自動運転システム導入が可能となり、VWグループとフォードは、自動運転分野におけるスケールメリットを活かせるというワケです。

(Avanti Yasunori・画像:ARGO.AI VW)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング