アウトランダーPHEVの2019年モデルの強みを体感できる展示を実施【人とくるまのテクノロジー展2019名古屋】

clicccar / 2019年7月17日 10時3分

■ ●人とくるまのテクノロジー展2019名古屋の三菱自動車ブースは電動車の新たな価値を提案

三菱自動車は、2019年7月17日から19日まで「ポートメッセなごや」で開催される自動車技術展の「人とくるまのテクノロジー展2019名古屋」に出展します。

今回の開催テーマである「新たな自動車技術が支える地域創生」のもと、アウトランダーPHEVの2019年モデルに採用されているプラグインハイブリッドシステムの技術紹介、年内のサービス開始が予定されている「電動DRIVE HOUSE」を紹介することで、生活をより豊かで便利にする電動車の新しい価値を提案するとしています。

同社の最上級SUVであるアウトランダーPHEVの紹介では、技術面の特徴を実車展示やパネル解説で紹介。

2019年モデルでビッグマイナーチェンジといえるほど大幅な進化を遂げているアウトランダーPHEVは、バッテリー容量が15%増加したことで、EV航続距離を60.8km(標準グレード値。グレードにより60.2kmもあり)から65.0km(JC08モード)まで伸びるなど、PHEVシステムの主要構成部品の約9割も改良されたことで、よりスムーズで力強く、高い静粛性を実現しています。

さらに、車体剛性も向上されていて、ダンパーとステアリングギヤの改良により、上質な乗り心地も得ています。ほかにも、2種類のドライビングモード(SPORT、SNOW)が追加され、車両運動統合制御システム「S-AWC(Super All Wheel Control)」の性能向上も図られています。

さらに、同イベントではこのアウトランダーPHEVとビッグマイナーチェンジを受けた新型デリカD:5の試乗も可能です。主催者の自動車技術会による最新技術搭載車の試乗体験コーナーにアウトランダーPHEVと新型デリカD:5を出品。

今年2月に発売された新型デリカD:5のパワフルかつ環境に優しいクリーンディーゼルエンジンと、高いトルクを滑らかにつなぐ8速スポーツモードATによる、上級感ある走りを体験できます。

(塚田勝弘)

【関連サイト】

パワートレーンが大きく進化したディーゼル仕様は、進化した走破性で雨でも絶大な安心感が魅力
https://clicccar.com/2019/07/13/881488/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング