新型ゴルフGTIは「恐ろしいほどCOOLになる」。歴代最強の300馬力を発揮

clicccar / 2019年7月21日 7時3分

■ ●登場は2020年春以降。最新「GTI」は歴代最強モデル

フォルクスワーゲンは10月発表へ向けて新型「ゴルフ」を開発中ですが、そのハイパフォーマンスモデルとなる「ゴルフGTI」をカメラが初めて捉えました。

米・VW最高責任者Scott Keogh氏が「Automobile Magazine」のインタビューにて、「新型GTIは恐ろしいほどクールになる」と語った通り、捉えたプロトタイプはボディがローダウンされ、ベースモデルより大型のエアインテーク、大径ブラック・アルミホイール、チャンキー・サイドスカート、ベースモデルより大型化されたルーフスポイラー、ツインエキゾーストパイプを装着。またヘッドライトは、ゴルフ新型同様にハーフカップLEDデイタイムランニングライトが見てとれます。

注目のパワートレインは2.0リットル直列4気筒エンジンを搭載。最高出力は255psと予想されますが、入手した最新情報によれば300psを発揮する可能性もあるといいます。これが事実なら、現行型GTI最期の特別仕様モデル「GTI TRC」の290psを凌ぐ驚異の数値となります。

また一部で48Vマイルドハイブリット搭載との噂もありますが、現時点で確定的情報はありません。

掲載したコックピット画像は新型ゴルフのものですが、GTIも同様にデジタルインストルメントクラスタ、及びインフォテイメントシステム用のタッチスクリーンディスプレイを標準装備。最新情報を受信できる常時オンラインのインフォテイメントシステムを搭載するほか、専用のステアリングホイール、ギアシフター、カーボンファイバーのトリムなど高性能モデルらしいアクセントも期待できそうです。

VWでは、ゴルフ新型を9月のフランクフルトモーターショーの目玉とするため、GTIは2020年春以降が予想されます。

(APOLLO)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング