クルマについての自由研究なら三菱自動車へ!? 27年目となる「2019年 小学生自動車相談室」を開設

clicccar / 2019年7月23日 11時33分

■ ●「衝突実験で運転席にマネキンが乗っているけど、どうやってクルマを動かしている?」という質問も

三菱自動車工業は、2019年7月22日から12月10日までの間、今年で27年目になる「2019年 小学生自動車相談室」を開設し、自動車産業に関するさまざまな質問をフリーダイヤルやウェブサイト、郵便で受付すると発表しました。

小学生を対象にした専門の相談室の設置は、自動車業界唯一の取り組みで、毎年多くの子どもたちや小学校の先生に利用されています。1993年の開設から昨年度までの相談件数は、累計3,500件以上にのぼったそうです。相談の内容は、クルマの仕組みや工場での取り組み、自動運転や環境問題など、多岐にわたっています。

たとえば、「衝突実験の際、運転席にマネキンが乗っているけど、どうやってクルマを動かしているの?」といった、子どもらしい問い合わせがあったそう。同社からは「クルマにワイヤーをつけて機械が引っ張っています」と回答したそうです。

小学校の先生も、授業の事前準備のための質問や、授業中に児童とともに電話をするなど色々な機会に活用されているそうです。電話での問い合わせに対しては、質問と回答を記載した「学習ノート」が送られています。

子どもたちの学習ツールとして、ほかにも「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」と題した子ども向けパンフレットの配布や、ウェブサイトを常時開設。

【2019年 小学生自動車相談室の窓口】
電話での窓口:受付期間:7月22日(月)~12月10日(火)の平日9:00~12:00 / 13:00~17:00
フリーダイヤル:0120-175-250
手紙やはがきでの窓口:〒108-8410 東京都港区芝浦3丁目1番21号 三菱自動車「小学生自動車相談室」
ウェブサイトでの窓口:子ども向けウェブサイトの「質問コーナーQ&A」に設置

【その他の子どもたちの学習ツール】
●子ども向けパンフレット「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」
概要:1993年に創刊。クルマができるまでの過程や工場の様子、電動車の仕組み、環境や安全への取り組みなどが毎年更新され、写真やイラストで分かりやすく解説。
入手方法、問い合わせ先:小学生自動車相談室の窓口(期間外はお客様相談センター、フリーダイヤル0120-324-860)にて受付。工場見学の参加者にも配布されているほか、一部系列販売会社の店頭でも入手可能。

●こども向けウェブサイト「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」
主要コンテンツ:「クルマはこうやってつくられます」開発から販売までの流れを解説し、工場での生産の様子をアニメーションや動画で紹介。
「人と地球環境にやさしいクルマ」:地球環境を守るための電動車の仕組みや工場での取り組みなどを解説。
「クルマの自由研究」:クルマにまつわる自由研究テーマを学年別に提案。
「みんな知ってる?交通安全クイズ」:歩行中や自転車運転中など、日常のよくあるシーンから交通安全の注意点について学べるクイズを出題。
「質問コーナーQ&A」:小学生自動車相談室に寄せられた主な質問をQ&A集として項目別に掲載。

ちょうど夏休みの時期も含まれていますから、クルマに関する自由研究をするなら、その手助けとしてクルマ、自動車産業に関する質問をしてみるのもいいかもしれません。

(塚田勝弘)

【関連リンク】

三菱自動車こども向けウェブサイトの「質問コーナーQ&A」
https://inquiry.mitsubishi-motors.co.jp/kids/RegisterInit.do

こども向けウェブサイト「なぜ?なぜ?クルマづくり調査団」
https://www.mitsubishi-motors.com/jp/csr/contribution/next/kids/

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング