ケン・ブロックも来日。創立75周年を迎えたTOYO TIRESは見どころ充実【東京オートサロン2020】

clicccar / 2020年1月10日 15時57分

■ ●川畑選手のトヨタGRスープラやウィデット選手のマツダRX-7も展示

今年創立75周年を迎えるTOYO TIRESは、東京オートサロン2020の会場にて、社長の清水隆史氏がプレスカンファレンスを行ないました。

プレスカンファレンスのなかで清水氏は、TOYO TIRESがドリフトをはじめ、バハ1000、アジアクロスカントリーラリーなどさまざまなモータースポーツに参戦していることを紹介。そして、今回の東京オートサロンに多くのドライバーが駆けつけていることが告げ、ドライバーたちが壇上に上がりました。

登壇したドライバーはラリーからドリフトまで多くのジャンルで活躍するケン・ブロック選手、日本が誇るカリスマドリフトドライバー川畑真人選手、スコアシリーズ・バハ1000・2019年チャンピオンドライバーのアラン・アンプディア選手、TOYO TIRESのブランドアンバサダーに就任することになったドリフトドライバーのマイケル・ウィデット(通称マッド・マイク)選手。

そして、2019年のアジアクロスカントリーラリーにFLEX SHOW AIKAWA Racing with TOYO TIRESのチーム監督を務めたタレントの哀川翔さん。

じつは川畑真人選手は2019年のアジアクロスカントリーラリーに哀川翔さんのチームから参戦しています。その参戦のきっかけとなったのが昨年(2019年)の東京オートサロンで哀川翔さんから誘われたことだというエピソードも披露されました。

ブース内には川畑真人選手がドライブするトヨタGRスープラやマイケル・ウィデット選手のマツダRX-7も展示され、間近で見ることができます。

(文/写真・諸星陽一)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング