ポルシェ・マカンGTSの予約受注がスタート。価格は10,388,889円【新車】

clicccar / 2020年1月21日 7時3分

■ ■ポルシェアクティブサスペンションマネージメントと20インチホイールを標準装備

ポルシェ・ジャパンは、ミドルサイズSUVのマカンGTSの予約受注を開始しました。最もスポーティなマカンであるGTSの価格は、10,388,889円です。

2.9LのV6ツインターボを積むマイナーチェンジ版であるマカンGTS。今回はビッグマイナーチェンジといえるもので、エンジンは、先代より15kW(20PS)増加となる280kW(380 PS)の最高出力を発生。

新開発されたPDKとオプション装備のスポーツクロノパッケージの組み合わせにより、0-100km/hに到達するまでに要する時間はわずか4.7秒です。先代より0.3秒速いタイムで最高速は、261km/hに達しています。最大トルクは、520Nm (先代比プラス20Nm)は、1750から5000rpmというワイドな回転数で発生。なお、NEDC(新欧州ドライビングサイクル)方式による燃費は9.6L/100kmです。

■15㎜低くなった車高も見どころ。ハイパワー化でシャーシを強化

ハイパワー化によりシャーシも強化されています。足まわりには、ダンパーをコントロールする「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)」には、特別なチューニングが施されています。車高が15mm低くなったことで、シャーシは、横方向のダイナミクスが向上。オプションのアダプティブエアサスペンションを装着すると、車高はさらに10mm低くなります。

さらに、標準の20インチRSスパイダーデザインホイールを装備したことで、大きなサイズのブレーキディスク(フロント360mm×36mm、リヤ330mm×22mm)が装着可能となったことで、マカンGTSのリアルスポーツカーのような俊敏性とレスポンスがより強調されているそうです。

ブレーキディスクの表面にタングステンコーティングを施したポルシェサーフィスコーテッドブレーキ(PSCB)は減速性能をさらに強化するオプションとして設定。

マカンのスポーツモデルにふさわしい外観も特徴です。標準装備の「スポーツデザインパッケージ」により、前後トリムとサイドスカートが同グレードのキャラクターを表現。

ブラックペイントが施されたフロントエプロンは、すべてのポルシェGTSモデルに共通する特徴です。LEDヘッドライトと組み合わされる「ポルシェダイナミックライトシステム(PDLS)」と3DリヤLEDライトバーもティンテッド処理が施されます。LEDヘッドライトは、オプション設定のブラック仕上げのPDLSプラスに変更することが可能。

15mm低くなった車高とサテンブラックのRSスパイダーデザインホイール、そして、赤いブレーキキャリパーとハイグロス加工されたブラックのトリムストリップがマカンGTSのハイパフォーマンスを主張。リヤビューにおけるブラックペイントのアクセントは、ディフーザーやスポーツエギゾーストのテールパイプで見て取ることができます。

内装もスポーティな仕上がり。シートの中央部分とセンターコンソールアームレスト、ドアパネルのアルカンターラやドアパネルのブラッシュドブラックアルミニウムなどの高品質な素材が使われています。さらに、スムースレザー仕上げのマルチファンクションスポーツステアリングホイールとパドルシフト、ダイナミックなコーナリング時にもドライバーの安定した姿勢を保持する8段階調整式のGTSモデル専用スポーツシートも標準装備されています。

GTSレザーのカーマインレッド、クレヨンのステッチ、アルカンターラ生地の広範囲への採用、「BOSEサラウンドサンドシステム」などにより、よりリッチな内装を作り上げることも可能。安全性と快適性の向上のため、日本仕様ではアダプティブクルーズコントロール、レーンチェンジアシスト、リヤビューカメラとサラウンドビュー機能付きパークアシストが標準装備されます。

(塚田勝弘)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング