11月18日は“しし座流星群”!「願い事を3回唱えると叶う」の根拠は?

ココロニプロロ / 2017年11月17日 15時0分

写真

11月18日は“しし座流星群”!「願い事を3回唱えると叶う」の根拠は?

11月18日、「しし座流星群」がピークを迎えます。この日はちょうど新月なので、月の光の影響を受けにくく、星明りが一段と美しく見えるそうですよ!

見頃は1時から明け方頃まで。東の空に現れる獅子座を起点に、全方位に向けて流れ星が見えるとのことです。

■星に願いをかけるなら!

流れ星が消える前に3回願い事を唱えると叶う、などと言われていますが、あの言い伝えの根拠はどこにあるのでしょうか?

そもそも、流星が見えるのなんてほんの一瞬。やったことのある人はわかると思いますが、とても願い事を唱えている時間などありません。

この言い伝えの期限や由来は諸説あり、詳しいことはわかっていないようです。が、日本にはキリスト教の伝来と共にヨーロッパから伝わったのではないか、と言われています。

なんでも、神様はときどき天界の扉を開けて外界の様子を見ているのだそう。その時に天の光が漏れて流れ星として地上からも見える。つまり、流れ星が見えている間は天界とつながっているので神様が願い事を聞き届けてくれる、ということらしいのです。

流れ星は天上の光……そう思うと、とてもロマンチックだし効果もありそう!神の世界の扉が一晩のうちに何度も開く流星群の日なら、一つくらいは願いが届くかもしれませんね。

■願い事といえば「新月」も外せない

上述した通り、18日は新月でもあります。月のパワーは人の心身に影響を与えるほど強く、特に新月の時は何か物事を始めるのにいいとか、願い事をするといい、などと言われていますよね。

「新月 願い事」で検索するとたくさんの情報が出てくるし、書籍も数多く出版されています。お願い事のチャンスも年に12回といっぱいあるので、こちらもぜひお試しいただきたいところ。

しかし、新月には「ボイドタイム」という魔の時間帯があり、この時間帯に願い事をしても叶いにくい、とする説もあります。

11月18日の新月のボイドタイムは、20時41分~翌19日03時58分まで。なので、新月にも願い事をするなら、この時間帯を外し、しし座流星群をしっかり堪能してから書き出すといいみたいですよ!

流星と新月のダブルパワーに頼って、恋の成就に結婚、仕事や趣味の充実など、いろいろお願いしちゃいましょう!なにしろ、願わないことには叶わないのですから。

■星空デート、防寒のツボ

さて、この時期、外で流星群を観測するのに欠かせないのが防寒対策。今はいろいろと良いグッズもあるので、準備さえ整えていけば楽しく過ごせそうです。

◎寝転んで眺めるなら

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ココロニプロロ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング