彼を本気にさせるならLINEより手書き!あえてのラブレターで心をつかむコツ

ココロニプロロ / 2019年5月3日 11時55分

写真

彼を本気にさせるならLINEより手書き!あえてのラブレターで心をつかむコツ

新元号「令和」の典拠であることから、一気に注目が集まった万葉集。その中には、恋の詩も多数収録されています。

最近の連絡手段と言えばもっぱらLINEなどですが、万葉の昔にならって、あえて手書きの恋文を送ってみるのもいいかもしれません。ここでは男性の声や女性の体験談をもとに、恋活におけるラブレターの上手な活用法を探ってみます。

■女性からのラブレターをどう思う?
まずは、彼女ではない女性からLINEやメールではなく手紙をもらったらどう思うか、男性の意見を聞いてみました。

「古風な感じがして好印象。『靴箱にラブレター』みたいな感じで、学生時代に戻ったみたいだし、純粋にうれしいです」(33歳/メーカー)

「手紙に限らずだけど、字がきれいだと相手のこともよく思えますよね。逆にクセが強かったり汚かったりすると、『出直してこい!』って感じるかな」(28歳/研究職)

「相手によっては『いい大人が恋愛ごっこかよ』と思うかも」(29歳/公務員)

女性からラブレターをもらうことに対して、肯定的な意見の男性も少なくないよう。ただし内容やシチュエーションによっては逆に敬遠される原因にもなりかねないので、注意が必要です。

■ラブレターはズバリ婚活向き?
ここで、実際にラブレターを送って成功したミカさん(30歳/販売職)の体験談を見てみましょう。

「婚活イベントで知り合った男性に一目惚れ。ふたりで食事に行くところまでは話が進んだものの、彼狙いの女性が多かったので普通のアプローチでは難しいと思い、別れ際にお手紙を渡すことにしたんです。内容は『今日は時間を作ってくれてありがとうございました。よかったらまた会ってください』といった、ごくシンプルな文面です」

◎他と差をつけられた



「デートの後のありがとうメールやLINEはよくあるけど、手書きの手紙はやっぱり新鮮だったみたい。『こういう女性は初めて』って喜んでくれました」

スマホでのやりとりが当たり前の現代社会では、手紙のほうがかえって新鮮に思われる場合も。特に競争率が高いときは、他と差をつける手段として有効と言えそうです。シンプルでわかりやすい内容も、よい印象を与えるポイントのよう。

◎誠実さをアピールできた



「次に会ったときに、なんと彼からもお手紙が。手書きのラブレターを用意したことで『きちんとした人なんだ』と感じてくれたそうで、返事には『真剣にお付き合いしてください』と書かれていました」

手紙という昔ながらのツールは、誠実な印象を与えられる効果もあるようです。特に婚活の場合は、男性も誠実な相手を探しているので、ラブレターを使ったアピールは有効かもしれません。

ちなみにミカさんの場合、相手がさらに返事をくれたことで「真面目そうだし自分と合うかも」と思えたのだとか。


■夜に書くのはNG?ラブレター失敗談
続いて、手紙を恋に活かすつもりが、失敗に終わってしまったケイコさん(27歳/公務員)のエピソードです。

「同僚に片想いしていて、気持ちを抑えきれなくなり…LINEじゃ収拾しきれず手紙に書くことに。深夜に勢いで書いて、そのまま次の日の朝に渡しました」

◎重いと思われてしまった



「手紙を渡した直後は『気持ちに応えてもらえるかも?』とドキドキしてたのですが、実際はしばらく避けられてしまって…。人づてに聞いたところ、『長々と書かれてて、ちょっと重い』と思われたらしいです」

手書きのラブレターは、ただでさえ重みがあるもの。ましてやそれが長文ともなると、相手にとっては負担になる場合もあるようです。手紙を書くなら、なるべく短くするのがポイントかも。

◎夜書いた手紙は朝に見直しを



「手紙には確か、『〇〇さんのこんなとこが好きです』とか『初めて会ったときのこと覚えてますか?』とか。後から考えると恥ずかしくなるような文章を綴ってて…渡す前に見直すべきだったと後悔しました」

夜書いたメールはそのまま送らないほうがいい、と言いますよね。これは手紙にも共通すること。必ず翌朝読み返してから渡すようにしましょう。

■手書きだからこその効果も
ラブレターは、スマホでのやりとりが当たり前になった現代社会だからこそ、相手の心に刺さる場合もあるでしょう。

男性のタイプにもよりますが、彼が誠実で古風な女性が好みというケースなら、効果的かもしれません。特に婚活など、周囲を出し抜く必要があるシーンでは、ぜひ試してみてくださいね。







この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング