同僚、近所…元カレとよく会う状況ってどんな感じ?メリット&デメリット

ココロニプロロ / 2019年5月27日 19時55分

写真

同僚、近所…元カレとよく会う状況ってどんな感じ?メリット&デメリット

吉高由里子さん主演のドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)では、主人公・結衣の職場に、向井理さん演じる元婚約者が上司として入社。働き方の話だけでなく、今後の恋の行方も気になるところですよね。

仕事に限らず「元カレと顔を合わせざるを得ない」という状況にある人は意外と少なくないのでは?そこで今回は、別れてからも相手と会う機会が多い女性のエピソードから、そのメリット・デメリットを探ってみました。

■同じ職場の同期が元カレ
まずは、入社後すぐに同期と付き合い、その後1年ほどで別れて、今は「仲のいい同僚」くらいの関係だというミズキさん(27歳/メーカー)のお話です。

◎何かあったら頼りにできる


「彼とは部署も同じ。別れた当初こそやりづらかったけど、気心が知れてるから、今ではヘルプもお願いしやすいですね。向こうも昔のよしみ(?)で『しゃーないなぁ』って助けてくれます」

別れたとは言え、一度は心や肌を重ねた関係。他の同僚以上に身近な存在として、いざというときに頼りやすいのがメリットなのだとか。ただしこれは、穏便に別れられた場合限定かもしれません。

◎次の社内恋愛がやりにくい


「彼と別れてから、ちょっといいなと思ってた先輩がいたんです。でも小さな会社で『誰と誰が付き合ってる』って情報もすぐ広まるから、いろいろ考えちゃってアプローチには至らず」

元カレが同僚だと、社内で新しい彼氏を探しづらい点は、やはりデメリットみたいです。ひとりふたりならまだいいかもしれませんが、さすがに3人目以上となると、周囲の目が気になる…と感じることもあるよう。

■趣味のサークル仲間が元カレ
続いて、趣味で始めたバドミントンサークルのメンバーと半年ほど交際していたミカさん(29歳/医療)に伺ってみました。

◎真の男友だちに出会えた気がする


「一度はいいなと思ってお付き合いしたものの、お互いに『なんか恋愛とは違う』と感じて別れました。もともとサークル活動を通じて仲良くなったこともあり、今では共通の趣味を持つ親友みたいな存在」

交際して、お互いに「この人ではない」と確認できたからこそ、男女の壁を越えた親友関係を築ける場合もあるのだとか。ただし、相手も同じように感じているとは限らないので、そこは要注意です。

◎今カレがいい顔をしない


「今は職場に彼氏がいるのですが、元カレの存在も知ってるから、私がサークルに参加することをあまりよく思ってないらしくて。そこはデメリットですね」

元カレとよく会う間柄だと、今カレの反応は気になるところ。適度な嫉妬は恋のスパイスになりますが、必要以上に行動の監視や制限をされるなど、困った事態に陥るケースもあるようです。

■近所の幼馴染みが元カレ
最後に、幼稚園からの幼馴染と、大人になって数ヵ月だけお付き合いをしたトモヨさん(30歳/飲食業)のエピソードを。

◎すんなり元の関係に戻れた


「別れた後もよく顔を合わせてたから、ただ『元の関係に戻っただけ』って感じで、変に引きずったりギクシャクしたりもなかったのはメリットかな」

お別れした後は、しばらく相手に会わないほうが気持ちも落ち着きそうですよね。けれど逆に、頻繁に顔を合わせることで、別れを早く乗り越えて元の関係に戻れる場合もあるとのこと。お互いに早く吹っ切れる分、次の恋にも進みやすいかもしれませんね。

◎親や周囲にも情報が筒抜け


「近所なだけあって、お互いの親や友だちも私たちの関係を知ってるんです。特にうちの親は元カレを気に入ってたから、未だに名前を出されるのはちょっとイヤなときもあります」

家が近所だと、顔を合わせやすいだけでなく、親兄弟にまで話が筒抜けのこともあるよう。特に結婚の話題などになると、過去の話が蒸し返される可能性大なのだとか。

■元カレとの関係は考え方次第
別れた彼とよく顔を合わせる状況は、最初はちょっと面倒に感じますよね。けれど相手との関係を前向きに捉えれば、頼れる心強い存在に思えることもあるでしょう。

今は別れたばかりでマイナスにしか考えられないという人は、ときが経って笑い合えるようになるまで、少し待ってみてもいいかもしれません。








この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング