「この子と結婚しよう」独身貴族が決意する瞬間と選ぶ女性のパターン

ココロニプロロ / 2019年7月10日 11時55分

写真

「この子と結婚しよう」独身貴族が決意する瞬間と選ぶ女性のパターン

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情395】

「この人、一生、独身貴族でしょ」と思ってた男性が急に結婚したら、周りはビックリするし「どんな子と結婚したんだろう?」とお相手が気になりますよね。

適齢期の女性としては、できるものなら、地位も財力もそこそこの独身貴族をゲットしたいなぁと思いません?ということで今回は、独身貴族が結婚を決める瞬間と、彼らに選ばれる女性について考えていきたいと思います。

■将来1人は嫌だ、子どもが欲しい
30代の会社経営者や、大手企業・外資系などに勤める、いわゆるハイスペックと呼ばれる男性の中で結婚願望のない人は、まぁ、よほどの女性が現れない限り、まだ結婚は決めないでしょう。

けれど40代になると、30代のときには感じなかった将来の不安、例えば「孤独死は嫌だな」「家を買うならローンのことも考えてそろそろリミットだし」「子どもを作っといたほうがいいのかな」とかをリアルに考えるそう。

筆者の周りにはハイスペックな男性が数人いるのですが、30代の頃はみんな遊んでて結婚願望なんてなかったのに、40代になってから結婚した人もいます。

1人は急に将来のこと考え始め、当時、ちょうど落ち着いた感じの子と付き合ってたから、そのまま結婚しました。もう1人は草食系だったのですが、飲み会で知り合った30代のちょいギャル系の人と意気投合してスピード結婚。久々の恋に、一気に盛り上がってゴールインしたようです。

年齢を重ねると将来のことも考え、結婚しておこうかな……と思う独身貴族も増えますよ。

■何かの節目に結婚する人も
あとは、何かしらの節目に結婚を考える人もいますね。例えば、転勤・昇進、(節目とは言わないかもしれないけど)彼女の妊娠など。

「彼女と遠距離になるなら、もう結婚するか」「給料も上がって、周りもいつ結婚するの?って聞いてくる。年も年だから結婚しようかな」「彼女が妊娠したから俺も落ち着くかな」となるパターンは意外と多い気がします。

節目って踏ん切りがつきやすいみたいで。将来の不安が出てきたり、周りに「結婚しないの?」と心配され始めたりした頃に昇進などの節目を迎え、婚活を始めたとか、そのとき付き合ってた彼女と結婚したとかは結構あるあるかと。

もし今付き合ってる人、もしくは狙ってる彼が、人生や仕事上の節目を迎えたらチャンスかも。

■スピード婚or長い付き合いが多い
じゃあ、どんな人が独身貴族のパートナーになりやすいの?と思いますよね。

筆者の知る限り、先ほども書いたような、飲み会などでお互いに「運命かも!?」と感じ、あっという間にゴールイン!というケースが多かったように感じます。あとは、長年友達だった子とスピード婚というパターンも。

現状、彼女がいなくて、ずっと友達付き合いをしてた女性が彼の好みのタイプだった、という場合、付き合って早々に結婚が決まることは少なくないですよ。お互いのことをある程度知ってるので、交際から結婚まであまり時間がかからないんです。

あとは、再会した相手と結婚というパターンもありますね。幼なじみだったり、元カレだったり。意気投合すれば、交際1年くらいで結婚に至る可能性も高いでしょう。

もし、長い付き合いの相手が独身貴族なら、意外と狙い目かもしれません。身近にそういう人がいるのであれば、偶然を装って会ったり、食事に誘ってみたりしてはいかがですか。

飲み会などで独身貴族と会う予定があるけど、相手のことをあまりよく知らないって場合は、事前にSNSや人伝に趣味嗜好を調べておき、直接会ったら、さりげなくその話題を出して「運命かも?」と思わせるのもいいでしょう。

■独身貴族との結婚も夢じゃない
もちろん、こればっかりは縁なので、狙ったところで結婚できるかどうかはわかりません。でも、結婚願望ゼロと言ってても、彼らも人間だから、状況によって考えや感情は変わるもの。ある日突然、独身貴族の知人から将来について真面目な話をされるかも?



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング