ずっと彼氏ができないのは、このせいかも?恋愛を遠ざける悪習慣4つ

ココロニプロロ / 2019年7月12日 18時55分

写真

ずっと彼氏ができないのは、このせいかも?恋愛を遠ざける悪習慣4つ

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情396】

「彼氏が欲しい気持ちはあるけど、なかなかね」「いいなぁと思う人すらできなくて」って状況では、次の恋が始まるまで時間がかかりそうですよね。

恋人募集中でも、恋愛を遠ざけるような生活をしてては、いつまで経っても彼氏はできません。
それってどういうこと?今回は、恋愛を遠ざける悪習慣についてお話ししたいと思います。

■お家大好き!は出会い激減
家にいるのが好きで、平日は職場から真っすぐ帰宅。休日もゴロゴロ漫画を読んだり、昼間からお酒を飲みつつオンデマンドの映画を観たり……というのは確かに最高です。が、その生活の中に恋愛のチャンスはないですよね?

筆者も家が大好きで、一日中こもってる日もあります。仕事をして、夜はドラマや映画を観て、買い物もネットで済ませて……。友達と遊んだりはしますが、いつものメンバーだと新しい出会いがあるわけでもなく、恋愛がご無沙汰になりがち。

これじゃ一生独身じゃん!と思って、最近は飲みに行く回数を増やしたり、マッチングアプリを試したりと、ちょっともがいてます。やっぱり外に出ないと人には出会えません。お家大好きでも、たまには外出したほうがいいですよ。

■女子ばかりでつるむ
いつも女子同士でいるのも、恋愛を遠ざけてしまう原因の一つ。まぁ、女子だけでつるむのってラクだし楽しいですよね。

でも、その中の誰かがあなたに合いそうな人を紹介してくれるとかならまだいいけど、それもなく、ただただ女子だけで遊んでても恋のチャンスはゼロかと。

女友達と会うにしても、たまには街コンとか相席屋とか、出会い系(?)のバーなどに行ったりしたほうがいいでしょう。

筆者も女友達と飲むのでも、知人のホームパーティーに行ったり、お店のプレオープンに顔を出したり、バーに寄ったり。できるだけ男子もいる場所、出会いがありそうな場所に足を運ぶようにしてます。じゃないと誰とも出会えないですから。

■趣味人間になってる
趣味が多い子って魅力的ですよね。人生を思いっきり楽しんでるようで、ちょっとうらやましいです。けど、プライベートな時間の過ごし方が趣味オンリーでは恋愛もご無沙汰に……。

恋をしたい気持ちがあるのなら、その時間をちょっと削って恋活に当てたほうがいいですよ。例えば、月に最低2回は飲み会やイベントに参加するとか。毎月、少しでもいいからそういう時間を設ければ、男子と出会って連絡先を交換するチャンスも出てくるはず。

仮にタイプじゃなくても、リハビリじゃないけど、そこで出会った男子とLINEをやり取りしたり食事に行ったりするうちに、恋をするための感覚を取り戻せるんじゃないでしょうか。

■外出時のファッションが適当
自分磨きを怠るのもよくないですね。女子の中には好きな人がいないとき、体型がゆるんだり、出かける際のファッションが適当になったりする人もいるのでは?

そんな感じだと徐々に自信がなくなり、素敵な人が現れても「私なんて……」と消極的になってしまったりします。

別にいつもオシャレにする必要はありません。家ではがっつりラフな格好でくつろいでOK。でも、出かける時はメイクをして、ちょっとオシャレな格好をしたほうが、気分もアガるし、鏡に映った自分を見て「もっとキレイになろう」と意欲が湧いたりもするんじゃないでしょうか?

“ラフな格好ですっぴん”より“メイクしてちょっとオシャレな服装”のほうが、まだ自信を持てるし、声もかけられやすいはず。日々、女子であることを楽しむと恋のチャンスも多くなりますよ。

■生活習慣にちょっと変化を
自ら恋愛を遠ざけてしまうような生活では、いつになっても「いいなぁ」と思える人が現れず、彼氏もできません。恋をするために、生活習慣をちょっと変えてみるのも大事です。



この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング