お泊りデートで抱く不安「彼とずっと一緒に暮らせるかな?」をクリアにするコツ

ココロニプロロ / 2019年9月13日 11時55分

写真

お泊りデートで抱く不安「彼とずっと一緒に暮らせるかな?」をクリアにするコツ

【元ホステスが語る男ゴコロの裏事情417】

彼ができてお付き合いが続けば、お互いの家の行き来やお泊り旅行をする機会も増えますよね。で、結婚を考えている女性なら、そういうときに「この人と一緒に暮らしていけるだろうか?」と考えたりもするのでは?

今回は「彼とずっと一緒に生活できるかな?」という不安を少しクリアにするコツをお話ししたいと思います。

■彼と一緒の空間をどう感じるか
筆者も恋人ができると、お泊まりのたびに「この人とずっと生活していけるかな?」と考えます。その際、まず大事にするのは“彼と一緒の空間”をどう感じるか?ということ。

交際の長さも関係するかもしれませんが、2人でいるときにリラックスでき、素の状態でいられる人なら「マンネリ化して、ちょっと会話が少なくなっても大丈夫そう!」と思ったり。

逆に、会話がないと、なんとなく空間がピリッとして居心地悪い相手は「好きだけど、この人じゃないかも」と感じます。その感覚って当たっているのか、そういう人は結婚の話になりづらいし、後々やっぱり別れるんですよね。きっと相手も何かしら違和感を覚えていたのでしょう。

2人で生活するとなると“好き”って感情だけでなく、空気感も大事ですから。一緒に暮らしていける否か迷ったら、何度かお泊まりデートを繰り返し、空気感を確認したほうがいいですよ。

■生活スタイルの差は気にならないか
お泊まりデートをすると、お互いの生活スタイルがわかりますよね。残念ながら、どんなに好きでも「生活スタイルが彼と同じ」というケースはそうないもの。育った環境が違えば、習慣や癖も異なります。例えば、あなたは食後にお風呂に入るけど彼は食前に入りたい派とか。

違って当然ですが、筆者は、ほぼ気にならない程度の差なら「彼と暮らせるな」と感じます。でも、かなり気になる(気に触る)、受け入れられないと思ったら、どんなに好きでも一緒に生活するのは厳しいと思います。

自分の生活習慣や癖を変えるって結構大変なこと。お互いにすり合わせるのは大事ですが、あまりにも大きく開いた差を埋めるのはなかなか厳しいでしょう。

■「汚い」と感じたら結婚は無理かも
最初の頃のお泊まりは、嫌われたくないからお互いに相手に気を遣うことも多いし、素も出していないので判断しづらいはず。ですが、交際が安定してきてからは、お泊まりでもある程度、普段通りにするはずなので、相手の行動を観察してみて。「え?家ではそういう感じなんだ…」とドン引きするなら一緒に暮らすのは難しいですよ。

例えば筆者は、以前、大好きな人がこちらの家に泊まったとき、彼の食事の仕方の汚さに驚きました。お店では普通だったのですが、家でテレビをつけてたら、番組に集中しすぎて、話しかけても生返事。目は画面を注視したままなので、口から食べ物がポロポロこぼれてて……。

「うわ、汚い」と引きつつ「こぼれてるよ」と注意すると「あ~」と一瞬、食事に集中するのですが、数分後また口からポロポロ。しかも「ねぇ、よそ見しながら食べてるからこぼれてるって」と注意したら、若干面倒くさそうな顔をしたんです。

「なんで汚いうえに、注意されてそんな顔をするわけ?どんだけガキなの?テレビ消したろか」と気持ちが冷め、1ヶ月もしないうちに別れたのを覚えてます。だって、結婚後に毎日そんな姿を見たくないですし……。

お付き合いが落ち着いてお互い素になったとき、嫌悪感を抱くことなくお泊まりができるかって大事です。我慢して結婚し、時間が経っても彼の癖に慣れなかったら、きっとストレスで爆発しますよ。

■数回のお泊りデートで判断しないで
まあ、結婚してみなくちゃわからない部分も多いかもしれません。でも入籍してから「日々の生活がストレス」「注意しても、直そうともしてくれない」という状態だと、遅かれ早かれ別居や離婚をしたくなるかと。

それを避けるためにも、不安は早めに取り除いたほうがいいでしょう。というわけで、お泊りデートは何度か繰り返してくださいね。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング