「初デートで割り勘」にまつわる男性の本当の気持ち【ひとみしょうの男子学入門55】

ココロニプロロ / 2019年10月10日 11時55分

写真

「初デートで割り勘」にまつわる男性の本当の気持ち【ひとみしょうの男子学入門】

数々のWEBメディアで恋愛コラムを執筆し、恋に悩める女性たちを救済してきた恋愛マイスター・ひとみしょう。長年の経験から培った独自の恋愛論で男心を解説します! 出会い、交際、別れ、結婚…などにまつわる“男の本音”をこっそり教えましょう。

■恋愛マイスター・ひとみしょうの男子学入門55

婚活で「はじめまして」の男性と初デートをする場合、彼が食事代を全額負担してくれるケースと、男性のほうから割り勘と言われるケースがあると聞きます。

「なんで割り勘?」と思う女性も多いのか、「割り勘男とは2回目のデートはしない」という声もよく聞きます(もちろん、反対に、割り勘で全然OKという女性もいますね)。

さて今回は、割り勘にする男性は、なぜそうするのか?そのホンネに迫りたいと思います。

■本当に本当の割り勘男のホンネとは?
お金がないから割り勘にするとか、この女性にはお金をかけたくないから割り勘にする、というのが、わりとありがちな割り勘男の意見ですね。そういうのはネットにたくさん出ています。

だがしかし、お金がないけど全額負担する男性もいますね。この女性にはお金をかけたくないと感じつつも、女性に失礼だからと思って全額負担する男もいるでしょう。では、本当に本当の割り勘男のホンネとは何?

ゆくゆくは女性が「とても大切なもの」を差し出してくれるかもしれないという認識が欠如している、というのが、割り勘男の気持ちの根底にある本当の気持ちです。
具体的に言うと、婚活で初デートをする場合、やがてふたりはエッチすることになるかもしれません。そういう可能性を秘めつつデートしますよね?

女性にとって自分のハダカを差し出すとは、おそらく「自分にとって、もっとも大切なものを相手に差し出すこと」を意味するはずです。

対して男は……自分の身体をそこまで「大切なもの」とは思っていません。「ありふれたもの」と考えています。男にとって自分の胸は「ありふれたもの」であり、自分のホースは「子どもであれば、つい最近までモザイクをかけてもらえなかったありふれたもの」なのです。

■割り勘男が理解していない2つのこと
つまり、割り勘男は、2つのことを理解していない男なのです。

1つ目は、女性の身体とは、文字通り、女性にとってもっとも大切なものであること。
2つ目は、その大切なものを、ゆくゆく「いただく」ことになった場合、そのあり難さ(あるのが難しいさま/奇跡)に対して、男としてどうお礼をするべきか理解していないということ。

たぶん、割り勘を嫌がる女性は、自分が金銭的に損をしたくないということだけを考えているわけではないと思うのです。

<私>という「価値ある女」に対し、その価値を認めていると感じられる、わかりやすいサインのようなものが欲しいと願っているのではないでしょうか。そのサインが、「たとえば」全額負担だと。

また、ゆくゆくエッチして結ばれる可能性を秘めたデートにおいて、「わたしにとってもっとも大切なもの」を差し出す準備段階において、そのもっとも大事なものを、敬意をもって扱ってくれる男性かどうかを見ているのだろうと思います。

だから、割り勘男は、上に示した2つのことを理解していないと言えるのです。

■お金もエッチも単体では存在しない
書きながら思ったのですが、割り勘もエッチも、相手に対する敬意を行為で示すもの、ということを、(期せずして)書いていたんですね。
実際、そのとおりだとぼくは思います。

お金って、お金だけ単体で存在するものではないし、エッチもエッチ単体でそこに存在するものではないでしょう?そこには、相手に対する敬意とか、敬意までいかなくとも思いやりがあるでしょう?

「ヤラせていただくのだから、せめてカネでも」というのは、ある意味では男の身勝手極まりない表現だとされている今の世の中だけど、でもこう言える男は、女性のハダカを「その女性にとってもっとも大切なもの」という認識があるからそう言うのです。

そうとすら言わない、というか、言えない「初デートで割り勘男」は、だから、その言えなさゆえ、男のランキングの中の下のほうに位置するとぼくは感じるのですが、みなさんはどう思われますか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング