向井理と国仲涼子は前世や来世でもつながりがある?「年上妻×年下夫」の相性を占断

ココロニプロロ / 2020年6月29日 10時55分

写真

向井理と国仲涼子は前世や来世でもつながりがある?「年上妻×年下夫」の相性を占断

【宇月田麻裕コラム:宿曜占星術で読む「相性」vol.45】

ふと気づいたら、同世代や年上の男性は既婚者ばかり…という女性も少なくないのでは。そんなとき、目を向けたいのは年下男性。前は子どもっぽいと思っていた身近な年下くんも、いい感じの大人の男になっているかもしれません。

というわけで今回のテーマは「年上妻×年下夫カップル」。占いサイト『魔性の宿曜』を監修する宇月田麻裕先生に3組の相性を観ていただきました。年下彼氏に愛される秘訣もわかるかも?

■前世や来世でも深いつながりがある関係

国仲涼子(1979年6月9日)×向井理(1982年2月7日)



国仲涼子さんは箕宿、向井理さんは張宿。業胎の関係です。この関係は、宿曜占星術では珍しい相性。現世だけでなく、前世や来世でも深いつながりがある関係と言えます。ちなみに現世では、親子関係に近い感じになります。

2人は2012年のドラマ共演をきっかけに仲を深め、2年半後に結婚。そして2015年、2017年にお子さんが生まれました。国仲さんと向井さんは、もともと縁の深い関係であるこの相性なので、出会った瞬間に不思議なオーラに包まれたに違いありません。

さて、向井さんの張宿ですが、どんなシーンでも自分を主役に押し出せる演出力があり、トークで人を魅了するリーダー的な要素も持っています。国仲さんの箕宿は度胸のよさが抜群。たとえつらいことがあったとしても、乗り越えていくパワーを持っています。また、裏表のないさっぱりとしたところもあります。

そんなことにより、姉さん女房としての資質はバッチリ。向井さんが俳優として活躍できるように、そして自分の家庭を守っていくために、彼女は持ち前のパワーを使っていきます。つまり彼にとって彼女は身近にいる最強のサポーター。

もし向井さんが、何かしらの問題に巻き込まれたとしても、年上の妻として、どーんとしているだけでなく、解決に乗り出してくれるでしょう。向井さんにとって、これほどのサポーターはいません。一生手放すことなく家庭を守っていってほしいものです。

■仕事をする上で刺激を得られる相性

小雪(1976年12月18日)×松山ケンイチ(1985年3月5日)



小雪さんは房宿、松山ケンイチさんは張宿。安壊の中距離になり、この2人の関係は、宿曜占星術における相性としては最悪と言えます。ただし、この安壊は著明人カップルに多い相性でもあって、一概に悪い相性だとも言いきれません。

一般的には、様々な障害や問題が発生して結婚に至らないケースも多い相性です。もちろん、芸能人カップルもその点は同じ。違うのは、仕事をしていく上でよい刺激を得られる相手となり、スパイス的な役割を果たすことがあるという部分です。

さて、この2人ですが、結婚した当初は小雪さんのほうが遥かに有名でした。松山さんにとっては高嶺の花とも言える女優さん。張宿の松山さんは、一見そうは見えませんが、人に訴えかけるような話術を得意としています。それは魂が揺さぶられるほどです。また、知恵と粘り強さを用いて、理想とするところにたどり着くまで努力を重ねることもできます。

その結果、数々の試練や難関を突破していくのです。結婚も同様、小雪さんという高嶺の花を手に入れるために努力を重ねてきたでしょう。2人の間にはお子さんも生まれ、松山さんは大河ドラマなど、数々の作品の主演を務めるまでの大物俳優へと成長しました。

今となっては、小雪さんはよき姉さん女房。房宿はお子さんのことはもちろん、とても家庭を大事にする宿なので、旦那さんが俳優として大業を成し遂げられるように、姉さん女房ぶりを発揮しているのでしょう。   

■お互いにオアシスになれる友達夫婦

常盤貴子(1972年4月30日)×長塚圭史(1975年5月9日)



常盤貴子さんは心宿、長塚圭史さんは胃宿。友衰の遠距離になります。この相性は趣味も感性も合うため、友達夫婦として楽しい時間を過ごせます。

2人は2005年に交際をスタートして2009年に結婚。2012年に一度、危機が訪れたようですが、それを乗り越えて現在に至ります。お子さんはいませんが、友達夫婦のような関係で、仲睦まじい関係が続いているみたいです。

常盤さんの心宿は人の心をつかむのが得意。ただし心の奥には、実は繊細さ、もろさを秘めています。一方、長塚さんの胃宿は強い宿でエネルギッシュ。常盤さんとはかなり違います。胃宿は底知れないエネルギーを持ち、自ら道を切り拓いていける宿。ですから、常盤さんのほうが年上と言えども、その強さを持った彼に頼ることのほうが多かったと思われます。

繊細な感性を持つ常盤さんは、安心感を得られ、守られているという感覚があるのでしょう。それは女優業にも大きな影響を与えています。相談に乗ってもらい、安心を得ながら仕事を続けていくことができるのです。

対する長塚さんは強い人。その強さを持って、演出・劇作家などの仕事をこなしていけます。そんな彼が唯一、翼を休められる場所が常盤さん。お互いにオアシスになれる存在であるこの2人は、程よい距離をキープしつつ、これからも仲睦まじい姿を見せてくれるはずです。

■年下くんとあなたの相性は?
年下夫の成長をサポートしたり、あるいはエネルギッシュな年下夫からパワーをもらったり…。こうして見ると、年下くんとの結婚も魅力的ですよね。

あなたと好きな人の場合は?占いサイト『魔性の宿曜』で相性をチェックしてみてはいかがでしょうか。


プロフィール


宇月田麻裕


皇室関係の家庭で育つ。学生時代から東洋・西洋の占いに関心を持ち、特に宿曜経の研究を積み重ね、「宿曜占星術」の若き第一人者として知られるようになる。現在、開運研究家、タレント、作家としてマスコミで活躍、読売新聞日曜版連載、TBSテレビ「はやドキ」(ぐでたま占い)を監修中。

彼との前世からの相性は?手放せない関係になりたい!シャイなあの人に告白されるには?など、気になる相手との関係を「宿曜占星術」からじっくり読み解きます。
『魔性の宿曜』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング