1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

乙女座は物の見方のスケールが大きくなるとき…9月7日_乙女座新月【新月満月からのメッセージ】

ココロニプロロ / 2021年9月6日 18時55分

写真

夜空が明るくなり、天体観察が難しくなりつつある今現在、新月&満月は、私たちが肉眼で直接観察できる星回りです。新月&満月というタイミングをきっかけに外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じていただきたいなと思います。この占いコラムが外なる光(宇宙)と内なる光(自己)の共鳴を感じるのに役立ちますように。



■9月7日_乙女座新月
9月7日は乙女座新月です。この時期の星回りをご紹介しましょう。乙女座新月(乙女座太陽と乙女座月が重なり合っている配置)が牡牛座天王星からのサポートを受けています。新月は月に1度起こるリセット&スタートのタイミングです。今回は乙女座新月ですから、「私の内面や現実を調整するという意味でのリセット&スタート」「私にできること(使命やお役目)に気づくために用意されたリセット&スタート」「何かを新しく引き受ける形でのリセット&スタート」などと読み解けるのかもしれません。

■今の自分を知る上で印象深いヒント
乙女座火星が魚座海王星と向かい合っています。この2天体を山羊座冥王星が調停しながらサポートしています。天秤座水星は水瓶座土星にサポートされています。インスピレーションが冴えていて、何らかのメッセージを受け取りやすい星回りです。どういう形でなのかはいろいろ考えられますが、いずれにしろ大きなところから発せられたメッセージを受信しやすいでしょう。印象深い夢を見ることもあり、その夢にあなたの内外が何となくあらわれている場合もあるようです。そんな夢を見たら、忘れないうちにメモしておいて下さいね。今の自分を知る上で印象深いヒントになるでしょう。

■「往く者は追わず、来る者は拒まず」を心がけて
天秤座金星は水瓶座木星からサポートされている一方、山羊座冥王星からは横やりが入っています。ここで別れていく縁もあれば、これから広がっていく縁にもめぐりあえると読み解けるでしょう。人は皆、生きている限り変化する存在であり、縁もまた移り変わっていくものだと私は思っています。この時期はある縁は期限を迎え、ある縁は質的変化を遂げ、そしてさらなる縁もやってくるように思われます。「往く者は追わず、来る者は拒まず」を心がけて下さい。そうすれば、今のあなたにとって良い縁が自然と選択されていくでしょう。

■あなたが受ける影響とは…
今回の乙女座新月の影響を強く受けるのは 双子座、乙女座、射手座、魚座です。ある出来事を通じてあなたの内外がサッと切り替わるとき。物の見方のスケールが大きくなったり、良いアイデアがパッと降りてくるのかもしれません。前向きな展開が急に始まることもありそうですが、この時期のあなたならその流れにすんなり乗っていけるでしょう。

牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座は「私はどうしたらいいの?」と迷いが生じやすいかも。1人で考え込んでしまうとますますモヤモヤしそうなので、ネットや口コミで情報を集めて。年上の人に一緒に考えてもらうのもよさそうです。ある程度の情報が集まると、自分の中で答えがだんだんまとまってくるでしょう。

牡牛座、獅子座、蠍座、水瓶座は何かに思い切り没頭できるとき。誰かを推す活動に熱中したり、得意なことに力を入れると何とも言えない充実感が得られるでしょう。他方、あまり気が進まないことに関してはやる気がどうしても出ないかも。「結果はほどほどで構わない」と割り切ると何とかなりそうです。
------------------
次回は、9月21日 魚座満月 (9月20日更新)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング