2/3は乳酸菌の日!自分に合ったヨーグルトを選べば恋とキレイが近づく!?

ココロニプロロ / 2017年2月3日 10時15分

写真

2/3は乳酸菌の日!自分に合ったヨーグルトを選べば恋とキレイが近づく!?

2月3日は「乳酸菌の日」。2と3の語呂合わせで制定された記念日です。

大きく分けると乳酸菌には植物性と動物性があります。植物性乳酸菌を含む代表的な食品はキムチ、漬け物、塩麴など。一方、動物性乳酸菌が含まれているのはヨーグルトを始めとする乳製品です。

スーパーの棚にズラリと並ぶヨーグルト。どれを買ったらいいの?と悩む人も多いのでは?
どんな時にどのヨーグルトを選んだらいいのかをご紹介しますね。

◆ヨーグルトって何にいいの?

基本的にヨーグルトは、腸内環境を整えるのにオススメです。実はヨーグルトに含まれる乳酸菌は腸まで届かず、胃の中で溶けてしまうのですが、それでもヨーグルトは腸に良い食べ物と言えます。

なぜなら、ヨーグルトに含まれる乳糖という成分は、分解されにくいため腸まで運ばれるから。この乳糖は、もともと腸に存在する乳酸菌のエサになります。その影響で腸内の善玉菌が増え、腸内環境が整うのです。

◆ヨーグルトの乳酸菌は多種多様

いろいろなメーカーのヨーグルトがありますが、使われている乳酸菌も様々。その乳酸菌の名称がヨーグルトの名前になっている場合も。
たくさんありすぎて、どれが自分に合うのかわからない…という人も多いでしょう。そこで代表的なものを解説します。

◆ビフィズス菌入りは便秘にGood

ビフィズス菌は、もともと腸内に存在する乳酸菌です。腸の中には善玉菌と悪玉菌がありますが、ビフィズス菌は善玉菌の代表。腸内のビフィズス菌を増やすことで、腸内環境が整っていきます。

特に便秘で悩んでいる人は、ビフィズス菌入りのヨーグルトをチョイスするといいでしょう。
例えば【ダノン ビオヨーグルト】には、高生存ビフィズス菌が使用されています。高生存とは生存率が高く、生きたまま腸に運ばれやすいということ。

「生きてとどまる 乳酸菌」というキャッチフレーズの【森永 ビヒダスヨーグルト】にもビフィズス菌が入っています。
こちらも胃酸で溶けにくく、腸まで届きやすい銘柄なんですね。

◆ブルガリア菌は美肌効果に期待!?

ヨーグルトと聞くとブルガリア共和国を連想する人が多いようですが、乳酸菌にもブルガリア菌というのがあります。
ブルガリア共和国のヨーグルトは、ブルガリア菌とサーモフィルス菌という2種類の乳酸菌の働きでできているそうです。

ブルガリア菌は、腸内環境を整えるのにはもちろんいいのですが、プラス美肌効果も期待できるのだとか。その菌を用いたヨーグルトの代表格は【明治 ブルガリアヨーグルト】。
お肌にいいと聞くと、毎日食べたくなりますね。

◆免疫力UPには【R-1】がオススメ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング