「結婚まだなの?」帰省中の結婚リンチを上手にかわす方法【恋占ニュース】

ココロニプロロ / 2014年12月28日 10時0分

写真

帰省中の結婚リンチを上手にかわす方法

年末年始のご予定は?帰省する人も多いかもしれませんね。

実家では、家族とゆっくり過ごせて楽しいもの。その一方で、独身女性は「結婚まだなの?」「誰かいい人いないの?」とプレッシャーをかけられ続ける、なんてこともあるのではないでしょうか。
そういうの、俗に“結婚リンチ”って言うみたいですよ。

せっかくの帰省がそんな針のムシロ状態ではつらすぎる!そうならないためには、それなりの対策が必要です。
そこで、家族&親戚からの「結婚まだなの?」攻撃をかわす方法について、アラサーの独身女性にリサーチしてみました。

<演技で切り抜ける>

●「親や親戚に『結婚しないの?』と言われたら、『したいんだけどね…』とワケあり顔をする。すると『何か事情があるのかも』と気を遣うのか、それ以上深くは聞かれなくなります」(30歳・飲食業)

不都合な話題を避けるには演技力も必要なんですね。でも、あまりにお芝居が上手いと「何があったんだろう?」「人には言えないことかしら?」と変に詮索されてしまうかも!?

<別の話題を用意する>

●「親戚が集まると共通の話題が少ないから、どうしても結婚は?という話に流れます。なので、それ以外でみんなが好きそうな話題を探しておくのが大事。おすすめは、NHKの朝ドラと大河ドラマをチェックしておくこと。お年寄りはだいたい見てるから、とりあえず盛り上がります」(29歳・不動産関係)

「結婚しないの?」が口癖になっているような、親戚のおじさん・おばさん対策には効果がありそうですね。ドラマを見ていなくても、HPで『マッサン』や『軍師官兵衛』、『花燃ゆ』のあらすじをチェックしておくといいかも。
みんなが知らないトリビア的な面白ネタを仕入れておくのも良さそうです。

<仕事&手伝いに励む>

●「質問責めに合わないように、実家に仕事を持って帰ることが多いですね。忙しくて結婚の話どころじゃない!という空気を作れるので」(33歳・デザイナー)

「仕事もいいけど、結婚のことも考えなさい」と言いたい親御さんも、娘が必死に働いている姿を見れば、「仕事するな」とは言えないですもんね。

<親&親戚をアゲまくる>

●「先手を打って親や親戚をほめまくる。服装でも記憶力でも、何でもいいので。相手の気分がアガって自分語りし始めたら、私の結婚の話はまず出なくなります」(30歳・アパレル)

話題をそらすだけでなく、相手の気分も良くなる一石二鳥の方法。いつもならうんざりする自分語りも、このときばかりはありがたいものになりそうです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ココロニプロロ

トピックスRSS

ランキング