「Eltropy」――誰も気づかなかった顧客エンゲージメント向上の秘策【シリコンバレー直送便】

CodeZine / 2019年6月20日 11時0分

 本連載では、米国西海岸はシリコンバレーから、旬なスタートアップの情報を厳選してお届けする。第2回では、メッセージアプリとAIを活用したデジタルマーケティングのスタートアップ「Eltropy(エルトロピー)」を紹介する。

連載で取り上げる企業と着目点

 本連載で、主に対象とするスタートアップは、ある程度米国でのビジネスの地歩が固まり、日本を含む海外展開を視野に入れ始めたステージを想定している。単なる企業やソリューションの紹介にとどまらず、それらが注目されるに至った背景――米国でのビジネストレンドの変遷や技術的進歩――もあわせてお伝えすることで、読者の皆さんのビジネスにおけるヒントになれば幸いだ。

■Eltropy――誰も気づかなかった顧客エンゲージメント向上の秘策

 「シリコンバレー直送便」第2回で取り上げる企業は、シリコンバレー(Milpitas)に本社を構えるデジタルマーケティングスタートアップのEltropyである。

Eltropyオフィシャルサイト

 Eltropyは、メッセージアプリやSMSを通じたBtoCプロモーションにおいて、顧客の行動を詳細にトラッキングして、有望な見込み顧客を抽出するという、シンプルだが非常に強力なソリューションを提供する。米国内外を問わず金融機関からの注目を集めており、オリエントコーポレーション(以下、オリコと呼称)が2019年3月に実証実験の開始をアナウンスするなど、日本においても金融機関からの関心が高いスタートアップである。

 今回は、同社のCEOを務めるAshish Garg氏に、Eltropyのソリューションの特徴や今後の日本市場への展開戦略などを語ってもらった。

EltropyのCEOであるAshish氏。インド出身のバイタリティ溢れる起業家だ

■「皆さん、LINEは使っていますか?」

 「この中で、メッセージアプリを使っている人は?」

 Ashish氏は、投資家やユーザ企業に対して自社ソリューションの説明を行うとき、決まってこの問いかけから始める。

 聴衆は、もちろん全員が手を上げる。日本であればLINE、欧米であればFacebook MessengerやWhatsApp、中国ならばWeChat。こんにち、スマートフォンの爆発的な普及を背景に、メッセージアプリもまた世界中の人々のコミュニケーション基盤として広く利用されている。

 Ashish氏は、続けて次のように問う。

 「ではこの中で、企業とのやりとりでメッセージアプリを使っている人は?」

 今度は、ほとんどの人は手を上げない。実際、メッセージアプリの主要な使い道は、家族や友人など親しい人と連絡をとりあったり雑談を交わすことであって、企業と連絡を取り合う手段に使う人はほとんどいないだろう(著者も経験がない)。

 きょとんとした表情を浮かべる聴衆をぐるっと見回すと、Ashish氏はさらにこう畳みかける。

 「なぜでしょう?」

 「皆さんは、電話や電子メールでは保険会社や銀行、証券会社とやりとりするでしょう。それなのに、なぜメッセージアプリではそうしないのでしょう?」

 なぜ……と言われても――聴衆の間に戸惑いが広がる。「そんなの、考えたこともなかった」というのが正直なところだろう。

 しかし、言われてみると、なぜ私たちは、メッセージアプリでは企業とコミュニケーションを取らないのだろう?

ミック[著]

【関連記事】
「Motionloft」――コンピュータビジョンが行動分析に革命を起こす(後編)【シリコンバレー直送便】
「Motionloft」――コンピュータビジョンが行動分析に革命を起こす(前編)【シリコンバレー直送便】
不具合に強い「柔軟性」を持つ設計・実装とは?――ドラゴンクエストXを支える失敗事例【デブサミ2019】
GitHub Actionsどう使う?【後編】―日本のエンジニアたちの所感、GitHub Universeアフターイベントより
GitHub Actionsどう使う?【前編】―GitHub Universe Keynoteで見た海外ユーザ―たちの先行事例

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング