Mozilla Japan、「Firefox 10」「Thunderbird 10」正式版リリース

CodeZine / 2012年2月1日 11時43分

 Mozilla Japanは、Webブラウザ「Firefox 10」とメールソフト「Thunderbird 10」の正式版を、1月31日にリリースした。どちらもMozilla JapanのWebサイトよりダウンロードが可能。既にFirefoxやThunderbirdを利用している場合、自動更新機能を通じて新バージョンをインストールできる。

 Firefoxは、Windows、Mac、Linux向けのデスクトップ版と、Android向けのモバイル版がアップデート対象になる。Thunderbirdは、Windows、Mac、Linux向けのデスクトップ版が更新された。

 Firefox 10では、アドオンの互換性確認がより柔軟になったため、互換性がないアドオンと判断されることが少なくなった。ほかにも「Firefox Sync」セットアップの簡素化や、「進む」ボタンが無効時には表示されず、有効になった時だけスライド表示されるなど、ユーザー向けの新機能追加や改善が行われている。

 また、Web開発者向けの新機能としては、ページ内のスタイル、フォント、配色、位置などをテストできる開発者向けツール「ページインスペクタ」や、選択した要素に適用されているCSSプロパティを確認し、動的に変更可能な「スタイルインスペクタ」などを追加。さらに、「スクラッチパッド」と「Orionコードエディタ」を統合し、画面全体を活用できる「フルスクリーンAPI」も導入。WebGLのアンチエイリアスやCSS 3Dトランスフォームも使用可能になった。

 Thunderbird 10もFirefox 10と同様、アドオン互換性の確認が柔軟になった。また、メール本文の語句を選択し、右クリックメニューから直接Web検索結果をThunderbirdタブで開く機能が追加されている。


CodeZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング