YOLPで挑戦~Android向け簡易道のり測定アプリを30分で作る!

CodeZine / 2012年2月28日 14時0分

 以前から、Yahoo! Open Local Platform(以下、YOLP) HacksとしてYOLPを使った様々な活用例を紹介してきましたが、今回より「スマホアプリ開発の最新トレンド!ぜったい外せない位置情報活用術」として、YOLPを活用したスマートフォンアプリおよびスマートフォン向けWebサービスについて約半年にわたって連載していきます。

■はじめに

 連載第1回目となる今回は、YOLPの提供するAndroid Map SDKを使って、簡易道のり測定を行うことができるAndroidアプリを紹介したいと思います。本文に沿って、実際にアプリを開発すると、最新のアップデートで追加された「ルート検索結果表示」、および「ルート案内表示」機能を中心に、Android Map SDKが簡単に利用できることを実感いただけると思いますので、ぜひお試しください。

■アプリ概要

 今回のサンプルアプリでは、以下の機能を実現します。

アプリ起動時に現在地を取得し、地図上で位置選択&表示 現在地からの道のりを測りたい場所(到達点)を地図上で長押しして選択 現在地から到達点までの距離、ならびに途中の道案内を地図上で表示 クリアメニューを追加して再測定を可能に

■Android Map SDKを利用するには

 まず最初に、Android Map SDKを利用するための事前準備を行います。

●1. Androidアプリ開発環境を用意

 以下のソフトをインストールし開発環境を設定してください。

Android SDK JDK Eclipse ●2. Android Map SDKのダウンロード

 Yahoo!デベロッパーネットワーク(以下、YJDN)よりAndroid Map SDKをダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したら、適当なフォルダにZIPファイルを解凍してください。なお、Android Map SDKの利用方法詳細については、Android Map SDKドキュメントをご参照ください。

Android Map SDK - YJDN

●3. アプリケーションIDの登録

 Android Map SDKを利用するには、YJDNのページでアプリケーションIDを事前に登録いただく必要があります。アプリケーションIDが未登録の方、新しいアプリケーションIDの登録を希望する方は、以下のページを参考にして、アプリケーションIDを登録してください。

アプリケーションIDとは - YJDNアプリケーションIDを登録する - YJDN なお、アプリケーションIDを登録するためには、Yahoo! JAPAN IDでログインする必要があります。

●4. 新規プロジェクトの作成

 Eclipseを起動して、新規Androidプロジェクトの作成を行います。

 今回はプロジェクト名を「RouteSearch」、パッケージ名を「jp.android.app.my.RouteSearch」とします。







■関連記事
YOLPで挑戦~Android向け簡易道のり測定アプリを30分で作る!
OSSのERP「ADempiere」と他のOSSを連携する
ハッシュテーブルに対する攻撃手法のはなし
OSSのERP「ADempiere」で作業実績表を作成する
OSSのERP「ADempiere」でCRUD画面を作成し、画面間を連携する

■記事全文へ

CodeZine

トピックスRSS

ランキング