3層データバインドを正しく活用しよう(後編)

CodeZine / 2012年4月17日 14時0分

図2 NuGet Package Managerを使ったEntityFrameworkの追加

 本連載ではツールやフレームワークの機能を最大限利用しつつ、保守、開発効率を意識したWebフォームアプリケーションを開発する方法を学んでいきます。第2回の今回は、前回に引き続き三層データバインドの実装方法を学んでいきましょう。

■三層データバインドの実装方法

 それでは、今回はデータアクセス層の作成から続けていきましょう。

●データアクセス層の作成

 前回でエンティティが準備できましたので、次は実際にデータアクセスを行う、データアクセス層を作成していきましょう。

 なお、データアクセス層の実装にはリポジトリパターンを適用し、ビジネスロジック層から直接Entity Framework(EF)を用いたデータアクセスを行わないようにします。

図1 リポジトリパターン


 リポジトリパターンを使うことで、アプリケーションコードからはデータベースにアクセスするように、テストコードからはモック(注1)を使いダミーデータのやり取りをするようにできます。これにより、実際にアプリケーションを動作させずに、ビジネスロジックの開発を効率よく進めることができます。

注1
 モックの作成にはMoqやMolesといったライブラリを利用すると便利です。



 では、データアクセス層を実際に作成していきましょう。

●[1]データアクセス層プロジェクトを作成する

 ソリューションに"MRRS.DAL"という名前でクラスライブラリ プロジェクトを追加します。

●[2]EFをプロジェクトに組み込む

 NuGetを使いEntity Frameworkをプロジェクトに組み込みます。[NuGet Package Manager Console]を開き、以下のコマンドを打ち込みます。

Install-Package EntityFramework
 もしくは、[Manage NuGet Packages]ダイアログで、"EntityFramework"で検索して追加します。

図2 NuGet Package Managerを使ったEntityFrameworkの追加




■関連記事
3層データバインドを正しく活用しよう(後編)
ASP.NET MVC 3における単体テストの基礎
ASP.NET Web API (パート1)
ASP.NET MVC 4 Beta
タブページを使った ASP.NET アプリケーションの作成

■記事全文へ

CodeZine

トピックスRSS

ランキング