KDDIウェブコミュニケーションズ、クラウド電話API「boundio」正式版の提供を開始

CodeZine / 2012年4月10日 16時5分

 KDDIウェブコミュニケーションズは、10日にクラウド電話API「boundio」(バウンディオ)のベータ版サービス期間を終了するとともに、同日より正式版の提供を開始した。

 「boundio」は、インターネット上から電話をかけられるクラウド電話APIで、Webサイトやアプリケーションに実装するだけで、050番号による電話発信や、アップロードした音声の再生、テキスト文字列の音声ファイルに変換できる音声合成機能が利用できる。

 さらに、正式版の提供開始に際して、音声関連機能を拡充し、APIによるアップロード操作が可能になるとともに、音声合成エンジンの更新によって自然な発話を実現している。

 また、オプションとして折り返し電話を「boundio」の番号以外に転送する「転送設定」機能と、「boundio」取得当初の電話番号から別の番号に変更できる「自局電話番号変更」機能を追加した。

 月額使用料は1575円で、通話料は固定電話向けが1分あたり15ポイント、携帯電話向けが1分あたり25ポイント。通信料は1000ポイントあたり1000円で、クレジットカード決済による前払いとなる。また、「転送設定」の変更・設定手数料は525円、月額使用料は105円。「自局電話番号変更」の変更手数料は525円。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング