ソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会、「コンプリートガチャガイドライン」を策定

CodeZine / 2012年5月25日 18時15分

 NHN Japan、グリー、サイバーエージェント、ディー・エヌ・エー、ドワンゴ、ミクシィのプラットフォーム事業者6社で構成されているソーシャルゲームプラットフォーム連絡協議会は、「コンプリートガチャガイドライン」を25日に策定した。

 同連絡協議会は、18日に消費者庁が「カード合わせ」に関する景品表示法(景品規制)上の考え方を公表したことを受けて「コンプリートガチャガイドライン」を策定し、6月1日に運用を開始する。また、各プラットフォームに提供している他社のゲームについても、随時対応を要請し、6月末日を最終期限として、6社が運営するプラットフォームにおけるすべてのコンプリートガチャを廃止していく。

 なお、6社が自ら開発、運営しているソーシャルゲームなどのサービスについては、9日にコンプリートガチャの新規リリースを中止しており、すでに運営しているものに関しても31日までに終了する。

 連絡協議会では、コンプリートガチャだけでなく、「ガチャのうちユーザーを過度に誘因する、コンプリートガチャに類似するもの」「ゲーム内でのユーザーに誤解を与えないような表示方法」といったテーマについてのガイドライン策定を進め、6月中の発表を予定している。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング