GAEのデータストアをjQueryで操作可能にする「gaedirect」、バージョン3.0からOSS化

CodeZine / 2012年6月13日 10時30分

 有限会社サイバースペースは5月31日、Google App Engine(以下、GAE)のデータストアをjQueryで操作可能にするツール「gaedirect」のバージョン3.2をリリースした。バージョン3.0からGPLv2のオープンソースソフトウェアとして提供されている。

 gaedirectを使うと、PythonやJavaによるサーバーサイドコーディングを行うことなく、JavaScriptでGAEの分散キーバリューストアを扱えるため、PythonやJava、GAEに精通していなくても、高いスケ―ラビリティと可用性を持つデータストアを活用することができる。

 データのCRUD(登録・参照・更新・削除)処理、基本的な条件参照を行うことができ、バージョン2.0でChannelサービス、Blobstoreの格納・検索、連想配列やオリジナル関数での非同期通信に対応した。

 バージョン3.0で、ユーザ名とパスワードによるログイン機能、アクセスレベルの設定、Googleアカウントでのサインイン、memcacheによるキャッシュ、レスポンスデータでのJSONフォーマットの追加、Channelサービスの持続時間の指定に対応。

 最新のバージョン3.2では、SSL(https)環境での使用、SPDY(スピーディ)プロトコルをサポートしている。

 

CodeZine

トピックスRSS

ランキング