PyCon JP レポート番外編 ――PyCon Taiwan 出張

CodeZine / 2012年6月26日 14時0分

 PyCon JP 2012広報担当の保坂です。去る6月9日(土)、10日(日)に台湾の中央研究院 人文社會科學館でPyCon Taiwanが開催されました。筆者はPyCon JPのメンバーとしてこれに参加し、PyCon JPの宣伝を行うなどしてきました。ここではPyCon JPレポート番外編としてPyCon Taiwan出張レポートをお届けします。



■台湾出張の背景

 昨年開催したPyCon JP 2011では、台湾から2名(Sinker、Hychen)が参加し、セッションスピーカーとして発表してくれました。そこで今回PyCon Taiwan 2012にPyCon JP代表として有志が参加し、日台間のPythonistaのより活発な交流がなされるようになれば、と筆者含め8名が参加してきました。

 交流に加え、今年開催するPyCon JP 2012を紹介する時間をPyCon Taiwan運営チームから頂けたので、PyCon JP 2012を宣伝するという目的もあります。

■PyCon Taiwanとは

 PyCon TaiwanはPyCon JPや世界各地で開催されているPyConと同様にPythonプログラマが一堂に会し、技術情報の交換や、交流を広げるための場として開催されました。

 開催概要を以下に示します。

開催概要
開催期間 6/9(土)、10(日) 開催場所台湾中央研究院(Academia Sinica) URLhttp://pycon.tw/ 参加者数 250強 トラック数 1 セッション数 基調講演2, セッション18(LTなどを除く)
 2日開催であったりトラック数が1つであったりといった違いはありますが、規模としては前回のPyCon JP 2011と同程度でしょうか。



●日本からの参加者

 今回のPyCon Taiwanは、筆者以外に次の8名が参加しました。筆者の海外渡航が初めてだったこともあり、以下のメンバーとの旅となったことはとても心強いものでした。

日本からの参加メンバー
名前 Twitter ID 備考 寺田@terapyon PyCon JP 2012座長 清水川@shimizukawa PyCon JP 2012副座長 鈴木たかのり@takanory PyCon JP 2012スポンサー担当 もりもと@t2y ‐ 池@rokujyouhitoma ‐ 村岡@jbking ‐ 西本@24motz NVDA日本語チーム代表 (文殊堂)@monjudoh (PyCon Taiwanは参加せず)
羽田空港ロビーでの出発前のメンバーの様子(一部)


■出張スケジュール

 ここで、簡単にどのようなスケジュールで台湾を訪問したかを記します。大体以下のようなスケジュールで行動しました。

出張スケジュール
時刻 内容 8日早朝 羽田発 11時過ぎ 台北着 13:30 Mozilla Taiwan訪問 夜まで 観光 9日 PyCon Taiwan参加 10日 PyCon Taiwan参加 昼食前 登壇してPyCon JP宣伝 昼食後 観光の後日本へ


■関連記事
PyCon JP レポート番外編 ――PyCon Taiwan 出張
課題山積のAndroidアプリ開発に ソフトウェアテストの技術で立ち向かおう
次期C++Builderはアーキテクチャを刷新 ~「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ東京」レポート
ファウンダーに訊く、オープンソースのPaaS環境「Cloud Foundry」の魅力と使い方
Windows 8のMetroスタイルで創るエコシステム~アプリ開発者への3つの重要性

■記事全文へ

CodeZine

トピックスRSS

ランキング