マイクロソフト、Windows Phone 8を発表

CodeZine / 2012年6月21日 12時55分

Windows Phone 8の新しいスタート画面

 マイクロソフトは、Windows Phoneの最新バージョンとなるWindows Phone 8を、20日(現地時間)に発表した。同社は、「Windows Phone Blog」において、その新機能の一部を紹介している。

 Windows Phone 8は、Windows 8と共通のコアを採用しており、マルチコアプロセッサのサポートや、1280×768や1280×720といった高解像度ディスプレイへの対応、microSDカードのサポート、NFCを利用したワイヤレス共有機能の追加、Internet Explorer 10の搭載、電子マネーのサポート、地図とナビゲーション機能の向上など、さまざまな新機能を実現する。

 また、スタート画面には、Windows 8と共通のデザインを採用しており、テーマカラーを変更できるほか、それぞれのライブタイルのサイズを3種類から選べるなど、従来のスタート画面よりもカスタマイズの柔軟性が高くなっている。

Windows Phone 8の新しいスタート画面


 なお、同社はWindows Phone 8のリリース以降に、従来のWindows Phone 7.5でも新しいスタート画面を使えるようにするアップデートを、「Windows Phone 7.8」(仮称)としてリリースする。ただし、Windows Phone 7.5からWindows Phone 8へのアップデートは、技術的な理由によって提供しない。

 開発者向けの変更点としては、(完全な)CおよびC++のサポートによって、「Havok Vision Engine」や「Autodesk Scaleform」「Audiokinetic Wwise」「Firelight FMOD」といった、ネイティブDirectXベースのゲーム開発が可能なミドルウェアを利用できるようになる。また、アプリ内課金やVOIPアプリによるインターネット通話に対応する。さらに、マルチタスク性能の向上によって、スポーツ支援アプリやナビゲーションなど、バックグラウンド動作する位置情報ベースのアプリを、より快適に動作可能となっている。

 業務利用に関連する新機能では、OSやデータファイルを含むデバイスの暗号化機能を備えるとともに、安全なブートプロトコルであるUEFIと、マルウェアを防ぐ「サンドボックス」によるアプリ実行環境という、複数レイヤーのセキュリティ機能を搭載する。また、端末のリモート管理機能や、企業向けの独自アプリを利用できる。

 サポートする言語は、50言語を予定しており、180以上の国でアプリやゲームを購入可能なマーケットプレイスを展開する。また、アップデートはワイヤレス(Over-The-Air:OTA)で提供される。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング