NVIDIA、高校生のための「CUDAサマーキャンプ2012」8月30日開催

CodeZine / 2012年7月25日 18時12分

 NVIDIAは、若い世代のプログラミング能力の育成を目的としたプログラミング講座「CUDAサマーキャンプ2012」を、8月30日に東京工業大学と共同で開催する。参加対象は現役高校生、または現役高等専門学校生で、スーパーコンピュータ「TSUBAME2.0」を使った実習も予定している。

 今年で4回目となる同イベントは、4300個のGPUを搭載し、2.4ペタフロップスの性能を持つスーパーコンピュータ「TSUBAME2.0」の見学ツアーや、学生が作成したプログラムを実際に「TSUBAME2.0」で走らせる実習を行う。

 また、現役の高校生や高等専門学校生に、GPUコンピューティング「CUDA」を学ぶ場を提供。新しい並列プログラミングの可能性を体感してもらうことで、世界で通用する人材を産学連携して育成することを目的としている。

 講師には、数値流体シミュレーションと大規模並列計算の権威で、文部科学大臣表彰をはじめ、さまざまな賞を受賞するとともに、2011年にはスパコン分野での最高栄誉として知られるゴードンベル賞の特別賞(本賞)を受賞した、東京工業大学 青木尊之教授と、数値流体力学、GPUによる大規模物理計算、ハイパフォーマンスコンピューティングを主に研究し、同じく2011年にゴードンベル賞を受賞した、東京工業大学 特任助教 下川辺隆史博士を招く。

 なお、参加特典として、青木尊之教授と額田彰氏による著書「初めてのCUDAプログラミング」を参加者全員に提供するとともに、参加した学生の中から抽選で5名に「NVIDIA GeForce GTX 480」が贈られる。

 開催日時は、8月30日の9時~17時。会場は、東京工業大学の大岡山キャンパス。募集定員は50名で、同社のWebサイトにて申し込みを受け付けている(定員に達し次第終了)。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング