インテル、Ultrabook向けアプリケーション・コンテストを開催

CodeZine / 2012年7月31日 11時20分

 インテルは、Ultrabookのコンピューティング体験向上を目的とした、利便性や実用性が高く、楽しさにあふれたアプリケーションの開発を促進する「Ultrabook向けアプリケーション・コンテスト」を開催する。第1回は7月31日~9月30日の期間に募集を行い、10月中旬に結果発表を行う。また、第2回は10月1日~11月30日の期間に募集を受け付け、12月中旬に結果を発表する。

 募集テーマは、Ultrabookの機能や性能を最大限に活用する新規アプリケーション、または既存アプリケーションの改版を対象としており、Windows 7だけでなくWindows 8を対象にしたアプリケーションも含む。

 具体的には、スタイリッシュさや高性能、優れた応答性、優れたバッテリ性能、キーボードといった性能・特長を活かしたアプリケーションや、インテル スマート・コネクト・テクノロジーなどを利用した、スリープ状態からの復帰後すぐに最新データを利用可能な常駐型ユーティリティー、3Dや動画、画像の処理能力を活かしたエンターテインメントやゲーム、タッチ機能を活かしたデスクトップアプリケーション、コンバーチブル型Ultrabook製品で便利なアプリケーション、HTML5で作成されたアプリケーションなどを対象としている。

 優秀作品には、「インテル賞」「日本マイクロソフト賞」、およびWDLCの「Digital Youth賞」(第2回のみ)が贈呈される。また、受賞作品には、日本マイクロソフトのエバンジェリストや、インテルのソフトウェア・スペシャリストによるレビュー投稿が行われるとともに、日本マイクロソフトやWDLC、インテルのマーケティング・イベントで紹介される。また、副賞として、Ultrabook製品などを用意している。

 なお、応募方法はインテルの公式Facebookページにて紹介しており、受賞結果は公式Facebookページおよび同社のWebページにて発表する。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング