paperboy&co.、開発者向けクラウドホスティングサービス「Sqale」正式版を提供開始

CodeZine / 2012年8月23日 13時8分

Webサービス公開までの流れ

 paperboy&co.は、5月よりクローズドβ版を提供していた、開発者向けクラウドホスティングサービス「Sqale(スケール)」の提供を、22日に開始した。

 「Sqale」は、Rubyで構築されたオープンソースのWebアプリケーション開発フレームワークで、「手っ取り早く。やりたいことだけ。」をコンセプトに、開発者がWebサービスの開発に専念できる環境を、月額940円~で提供する。Ruby on Railsに対応しており、従来のレンタルサーバでは利用が難しかったフレームワークを、クラウドで気軽に使える。

 「アプリケーション」と呼ばれる仮想サーバに、コードをデプロイするだけでWebサービスの公開が可能なため、サーバをセットアップする必要がなく、サーバ技術の専門知識を持たない開発者でも手軽にWebサービスを公開できる。サービス公開後もサーバメンテナンスを行う必要はない。

Webサービス公開までの流れ


 急なアクセスの増加などで、サーバの増強が必要になった場合は、管理画面で「コンテナ」と呼ばれる追加サーバを「アプリケーション」に追加することで、パフォーマンスの向上が可能。また、「コンテナ」は簡単に解除できる。

 月額料金は、1アプリケーションにつき940円、または1コンテナにつき940円で、アプリケーションは15日間無料で試用が可能となっている。決済方法には、クレジットカード決済を利用できる。対応言語はRubyで、年内にPHPへの対応も予定している。ディスク容量は1アプリケーションにつき2GB、または1コンテナにつき2GB。メモリは512MB。独自ドメインの利用や、SSHでのログインに対応する。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング