アドビ、HTML5ベースの開発を支援する「Adobe Edge」ツール&サービス群を発表

CodeZine / 2012年9月25日 18時0分

 米アドビシステムズは、24日(現地時間)に「Create the Web」イベントにて、「Adobe Edge Animate 1.0」「Adobe Edge Inspect 1.0(旧コードネーム「Shadow」)」「Adobe PhoneGap Build 1.0」「Adobe Edge Web Fonts」「Adobe Edge Code(プレビュー版)」の提供開始を発表した。また、「Adobe Edge Reflow(スニークプレビュー版)」のデモを行った。

 ほかにも、Webデザイナーが最新のWebインタラクティブ機能を活用することで、より現代的なWeb制作を促進するために、499ドルで販売していた「Adobe Edge Animate」の最初のバージョンを無償公開することも発表した。また、Webデザイナーや開発者が自分でカスタムファイルを作成できる実験的なツール「CSS FilterLab」も公開している。

 さらに、「Adobe Edge Code」と「Adobe Edge Reflow」で使用するフォント「Source Sans Pro」と「Source Code Pro」をオープンソース化した。

 「Adobe Edge」は、コーディングを行うWebデザイナーや、デザインを重視するWeb開発者向けに開発され、HTML、CSS、JavaScriptを使ってモバイル対応コンテンツやアプリケーションを作成して、最新のWebブラウザやモバイルデバイスに提供できる。

 「Adobe Edge」を構成するツールは、HTML、JavaScript、CSSでアニメーション対応コンテンツを作成可能なモーションおよびインタラクションデザインツール「Adobe Edge Animate」、モバイルデバイス上でHTMLコンテンツのプレビューとデバッグを効率的に行えるフロントエンドのWebデザイナーおよび開発者向けの検証・プレビューツール「Adobe Edge Inspect」、HTML、CSS、JavaScriptで作業を行うWebデザイナーおよび開発者向けに最適化したコードエディタ「Adobe Edge Code(プレビュー版)」、HTMLコンテンツのスタイリング規格、CSSを使用して、レイアウトやビジュアルデザインを作成するための、応答性に優れたWebデザインツール「Adobe Edge Reflow」の4つ。

 サービスは、オープンソースフォントのライブラリをWebサイトやアプリケーション上で使える無償のWebフォントサービス「Adobe Edge Web Fonts」、Webサイトで使用するため、ホスト型の高品質フォントのライブラリを提供するデザイナーおよび開発者向けサービス「Adobe Typekit」、HTML、CSS、JavaScriptを使用する、モバイルプラットフォーム向けに開発されたモバイルアプリケーションのパッケージング用サービス「Adobe PhoneGap Build」の3つで構成する。

 「Adobe Edge」のツールとサービスは、「Adobe Creative Cloud」の無償・有償メンバーシップの一部サービスとして提供し、「Adobe Edge Animate」は継続的なライセンスが499ドル、単体サブスクリプションの月額料金は14.99ドルでの提供を予定している。なお、「Creative Cloud」では有償メンバーシップに含まれる。

 「Adobe Edge Inspect」と「Adobe PhoneGap Build」の追加容量は、単体のサブスクリプションがそれぞれ月額1000円で、「Creative Cloud」の場合は有償メンバーシップに含まれている。「Typekit」の有償ユーザーは、年間24.99ドル~99ドルの間で利用でき、さらに多くのWebページやフォント、ページビューを利用可能な年間49.99ドルのPortfolio Planも、Creative Cloudの有償サービスに含まれる。

 なお、いずれのツール、サービスも、日本円での価格は未定となっている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング