GMOインターネット、日本マイクロソフトと提携してWindowsアプリケーションのクラウド型開発環境を提供

CodeZine / 2012年10月4日 16時7分

 GMOインターネットと日本マイクロソフトは、アプリケーション開発者向けに、仮想デスクトップを利用した世界初のクラウド型Windowsアプリ開発環境「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」の提供を、4日に開始した。

 「お名前.com デスクトップクラウド for Windowsアプリ」は、仮想デスクトップで最新の開発環境「Visual Studio Professional 2012」を利用して、Windowsアプリケーションを開発できる。従来のように、開発用のPC環境やソフトウェアを準備することなく、コストを抑えてすぐに開発を始められる。また、海外でも使える。

 WindowsユーザーだけでなくMacユーザーも利用可能で、AndroidやiOSなど、他のプラットフォームのアプリケーション開発者でも、新たに開発環境を用意する必要がなく、初期投資を抑えてただちにWindowsアプリケーションの開発を開始できる。また、Windows 8搭載デバイスを持っていなくても、新しいOSを体感し対応アプリケーションを開発する環境を、低コストで使える。

 さらに、各種開発用テンプレートや自習書、開発者向けナレッジ集を提供し、開発者のスキルに応じてWindowsアプリケーションの開発を進められる。

 ディスク容量は最大100GBで、メモリは2GB~4GB。OSはWindows Server 2012を使用する。初期費用は2100円で、月額料金は6720円~。

 なお、GMOインターネットと日本マイクロソフトは、サービス提供開始を記念して、初期費用と月額料金を最大3か月間無料にするキャンペーンを実施する。また、24日、および11月1日に、渋谷セルリアンタワーにて、Windowsアプリケーション開発セミナー「2時間でストア申請まで!Windowsアプリ開発セミナー」を行う。


CodeZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング