Worklightを使用する: 第1回 初めてのWorklightアプリケーションに着手する

CodeZine / 2012年10月22日 14時0分

図20 iPhoneアプリケーションのテスト

 IBMでは優れたモバイル・エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム(MEAP)であるIBM Worklight V5によって、製品ポートフォリオ全体にわたってモバイル機能を拡充しています。Worklightプラットフォームを紹介するこの連載では、多種多様なIBM製品を利用してモバイル・アプリケーションを作成する方法を説明します。第1回で説明するのは、Worklight開発環境をセットアップして、単純なアプリケーションを作成するプロセスです。このサンプル・アプリケーションは、今後の記事で反復型開発の基礎として使用します。

(この記事は、日本アイ・ビー・エム株式会社発行の「IBM developerWorks」から、日本アイ・ビー・エム株式会社の許可を得て転載したものです)

■はじめに

 この数年の間、IBMはモバイル分野に多大な投資を行い、そのコアとなるソフトウェア製品が各種のモバイル機器に対応することを確実にするとともに、モバイル・アプリケーションを作成するためのツールとアプリケーション・ランタイムを提供しています。IBMが製品ポートフォリオ全体にわたってモバイル機能全般をさらに拡充することを可能にしたのが、IBM Worklightです。

 IBM Worklightは、オープンで幅広い機能を持つ高度なモバイル・アプリケーション・プラットフォームです。IBM Worklightでは、標準準拠のテクノロジーとツール、モバイル用に最適化されたミドルウェア、各種のセキュリティー・メカニズム、そして統合管理と分析機能を使用して、HTML5アプリケーション、ハイブリッド・アプリケーション、ネイティブ・アプリケーションを効率的に開発、実行、管理することができます。

 この記事では、Worklightの導入編として、モバイル・アプリケーション開発者の基本的なワークフローを確立し、アプリケーション開発用のWorklight環境をセットアップする方法を紹介するなかで、単純な「Hello World」アプリケーションを作成する方法を説明します。連載の第2回では、セットアップしたこのWorklight環境を使用して反復型アプリケーション開発を行い、「Todo」と名付けたタスク・リスト・アプリケーションを作成する単純な使用ケースを中心に、機能的なアプリケーションを作成する方法を説明します。その後の記事では、他のIBM製品との統合をしていくことで、Worklightの機能とフィーチャーを紹介します。

■Worklightの基礎知識

今すぐWorklightを入手してください
 無償で有効期限のないIBM Worklight Developer Edition 5.0を今すぐダウンロードしてください!



 Worklightは、IBM Mobile Foundationに不可欠の優れたモバイル・エンタープライズ・アプリケーション・プラットフォーム(MEAP)です。Worklightプラットフォームは、以下の4つの主要コンポーネントで構成されています。

IBM Worklight Studio: Worklightアプリケーションを作成するためのEclipseベースのIDEです。 IBM Worklight デバイス・ランタイム・コンポーネント: モバイル機器上で実行されるモバイル・アプリケーション・プログラムの作成を容易にするSDKを構成するコンポーネントです。 IBM Worklight Server: エンタープライズおよびインターネット情報ソースとのセキュアな接続を実現するJavaベースのサーバーです。 IBM Worklight Console: モバイル・アプリケーション・エコシステム全体の管理および監視を支援するため専用のWebベースのUIです。  図1に、これらのコンポーネントを図示します。

図1 Worklightコンポーネント


 モバイル・アプリケーションを開発する際の作業の大まかな流れは、従来のアプリケーションを開発する場合と同様です。この開発手順は、以下のように要約することができます(図2を参照)。

Worklightをセットアップして、アプリケーションの作成を開始します。 通常の開発およびテスト・プロセスに従い、アプリケーションを実行またはシミュレーションして、アプリケーションの機能を検証します。 準備が整ったと判断したら、主要なユーザーからフィードバックを得るために、テスト・アプリケーションを公開します。 フィードバックに基づき、引き続きアプリケーションの改善に取り組むか、さらにテスト・ユーザーの数を増やしてアプリケーションを公開します。 テスト・アプリケーションの使用範囲を広げることにした場合は、アプリケーションをローカル・アプリケーション・リポジトリーすなわちプライベート・アプリケーション・リポジトリー上で限られたユーザーに対して公開することも、エンタープライズ・アプリケーション・リポジトリーすなわちパブリック・アプリケーション・リポジトリー(Apple App Store、Google Playなど)に公開することもできます。 図2 モバイル・アプリケーションの開発フロー


 この記事の残りでは、Worklightのセットアップ、そして関連する機器のSDKのセットアップを行い、空のサンプル・アプリケーションを作成する方法を説明します。このプロセスの目的は、確実に、アプリケーションを機器で表示できるようにした上で、ローカルWorklightサーバーに公開できるようにすることです。この記事で完成したサンプル・アプリケーションが、今後のモバイル・アプリケーション開発の基礎となります。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング