Windows Azure Virtual Machine上にWindowsやLinuxの仮想マシンを作成する

CodeZine / 2012年11月7日 14時0分

図24 Captureしたイメージの一覧

 2012年の春にリリースされたWindows AzureのIaaS(Infrastracture as a Service)であるWindows Azure Virtual Machineの使用方法と仕組みについて説明します。

■はじめに

 Windows Azure Virtual Machineは、2012 spring release(2012年春のリリース)で、発表されたサービスの一つです。2012 spring releaseでは、AzureでIaaSサービスを提供するVirtual Machine、簡単にすぐにサイトを立ち上げることができるWeb Sites、AzureのNW機能を大幅に拡張するvirtual networkが発表されました。

 これから複数回にわたって、Windows AzureのIaaSサービスであるWindows Azure Virtual Machineについて見ていきます。Windows Azure Virtual Machineの仕組みと使用方法を説明します。そして、活用例としてSQL ServerやMongoDBを動作させる際のポイント、方法を説明します。

 第2回目は、Windows Azure Virtual Machine上にWindowsやLinuxの仮想マシンを作成する手順を説明します。

●対象読者

Windows Azureに興味のある方 Windows Serverを使用している方 IaaSサービスを検討している方 サーバー管理者、開発者 ●必要な環境

WindowsかMac用のリモートデスクトップクライアント Windows アカウント Windows Azureサブスクリプション ■Windows Azure Virtual MachineでWindowsを動かしてみよう

 Windows Azure Virtual Machineで、Windowsの仮想マシンを作成する手順をみていきます。仮想マシンを作成しカスタマイズした後、キャプチャしてオリジナルのイメージを作成する方法を確認します。

●ギャラリーからWindows仮想マシンを作成する

 ギャラリーには、マイクロソフトが提供するWindows 2008 R2とWindows Server 2012のイメージが登録されています。ここでは、イメージからWindows Server 2012を選択し仮想マシンを作成する手順を説明します。

●1)Widows Azure管理ポータルに接続し、プレビューポータルを表示する

 http://windows.azure.comに接続し、ログインします。プレビュー版の管理ポータルに一度も接続がしたことがない場合、ログインすると従来のSilverlightで作成された管理ポータルが表示されます。Windows Azure Virtual Machineは、HTML5で作成されたプレビュー版の管理ポータルで提供されているので、プレビュー版の管理ポータルに切り替えます。プレビューポータルにアクセスするには、画面下部の[プレビューポータルにアクセス]を選択します(図1)。

図1 プレビューポータルへ移動する


●2)Windows Azure Virtual Machineを有効化する

 現在、Windows Azure Virtual Machineはプレビュー版で提供されているため、利用するには別途アクティベートする必要があります。アクティベートするために、下部メニューの[NEW]をクリックします(図2)。

図2 NEWボタン


 ポップアップしたメニューの左側からグレーアウトされた[VIRTUAL MACHINE]を選択し、右側に表示された[preview program]のリンクをクリックします(図3)。

図3 [preview program]のリンクをクリック


 表示されたWindows Azureアカウントサイトのプレビューページで、[Virtual Machines & Virtual Networks]の[try it now]ボタンをクリックします(図4)。確認ダイアログが表示されるので、内容を確認し登録を申請します。2012年9月段階では、申請すると即時に[YOU ARE ACTIVE]状態になるようです。

図4 Windows Azure Virtual Machineのアクティベート


●3)Virtual Machineを作成するためのダイアログを表示させる

 アカウントのVirtual MachineをActive状態にし、再度Windows Azure管理ポータルにアクセスすると左側のメニューに[VIRTUAL MACHINES]が追加されます。

 仮想マシンを作成するために、画面下部の[NEW]ボタンをクリックします。ポップアップしたメニューの左側から[VIRTUAL MACHINE]をクリックします(図5)。

図5 [VIRTUAL MACHINE]をクリック


 右側に[QUICK CREATE]と[FROM GALLERY]の2つのメニューが表示されます。[QUICK CREATE]を選択すると図6のように同じメニュー内の右側に仮想マシンの情報入力項目が表示され、仮想マシンを作成することができます。

図6 仮想マシンのQUICK CREATE


 ここでは、[FROM GALLERY]を選択して仮想マシンを作成する手順を説明します。[FROM GALLERY]をクリックすると、仮想マシンの作成ダイアログが表示されます。



■関連記事
LinuxからWindows Azureを操作する
Windows Azure Virtual Machine上にWindowsやLinuxの仮想マシンを作成する
Windows Azure Mobile Services:iOSアプリ、Facebook/Twitter/Google ID、メール、SMS、Blob、 Service Busなどをサポート
告知:Windows Azureポータルの改善
Windows Azureの仕組みとAzure VMでWindowsを動かす

■記事全文へ

CodeZine

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング