AITとSRA OSS、IBMクラウド環境向けの「OSSサポートサービス for SCE」を開始

CodeZine / 2012年11月28日 17時5分

 AIT、SRA OSS、日本アイ・ビー・エムの3社は、IBMクラウド環境向けのオープンソースサポートサービス「OSSサポートサービス for SCE」の提供を、28日に開始した。価格は、1仮想サーバ上の1ソフトあたり税別で月額5986円~。

 「OSSサポートサービス for SCE」は、IBMが提供するクラウド環境「IBM SmarterCloud Enterprise(SCE)」に、AITがSRA OSSと協力して「IBM SCE」環境向けのOSSサポートサービスを提供する。

 SCEクラウド環境と同じ課金方式を採用することで、ユーザーが利用するソフトウェアのみを対象に、利用期間だけ月単位でOSSのサポートを契約できる。サービス内容は、インストールパックの提供(CentOS)、技術問い合わせ対応(ソフトウェアの設定方法や、開発中の使い方、ソースコード解析など)、障害対応で、OSと主要なミドルウェアから厳選したソフトウェアのサポートを行う。

 対象となるOSSは、Apache、Tomcat、PostgreSQL、memcached、Postfix、Dovecot、Bind、OpenLDAP。対象ソフトウェアは、順次拡大を予定している。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング