アドビ、「Game Developer Tools」をAdobe Creative Cloudで提供

CodeZine / 2012年12月4日 16時30分

 アドビシステムズは、「Adobe Creative Cloud」のメンバー向けに、4日からリソースセット「Game Developer Tools」の提供を開始した。

 「Game Developer Tools」には、「Adobe Scout」「Adobe Gaming SDK」「Adobe Flash C++ Compiler」を含んでおり、制作から展開までのゲーム開発プロセスを合理化し、ゲーム関連のパブリッシャーと開発者が、世界中の13億台超のインターネット接続されたWindowsとMac、5億台を超えるスマートフォンとタブレット端末に製品を提供できるように設計されている。

 「Adobe Scout」は、ActionScriptベースのコンテンツから詳細な情報を取得して、パフォーマンス最適化をサポートする、先進的な次世代プロファイリングツール。

 「Adobe Gaming SDK」は、開発者がWebブラウザとモバイル機器の両方を対象にした、ActionScriptベースのゲームを制作、課金するためのSDK。必要なオープンソースの2D/3Dフレームワーク(Starling、Feathers、Away3D)を含むビルディングブロックを用意しており、ゲーム開発の敷居を下げて、高い生産性を提供する。

 「Adobe Flash C++ Compiler」は、PC/Xbox 360/PlayStation 3/iOSを対象としたネイティブアプリケーションとゲームエンジンを、「Adobe Flash Player」を使ってWebブラウザで直接実行できるようにコンパイルするための新しいツールチェーン。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング