【お知らせ】デブサミ2013併催の「AWSクラウドワークショップ」受講者受付中、残席わずか

CodeZine / 2013年2月12日 15時20分

 今週、14日から2日間にかけて開催される「Developers Summit 2013」(デブサミ2013)の併催イベントとして、Amazon Web Servicesのスペシャリストが講師を務めるクラウドワークショップが実施される。

 デブサミ2013本体の参加登録は既に締め切られているが、こちらは2月13日の17時まで参加を受け付けている。お申込みはお早めに。

 参加を受け付けているワークショップは次の3つ。

●『クラウドワークショップ
言語対抗!アマゾンのPaaS環境で体験、クラウドでのアプリチューニング』

 言語ごとの課題アプリ(AWSにて事前にご用意)のチューニングを演習形式で競います。演習テーマと概要、SDKの事前確認等、予習事項については追ってご案内いたします。

時間:11:10~12:40 参加条件:ruby, python, php, javaのいずれかでのWEBアプリケーションの開発経験があること+AWSのアカウントを持っていること+PC持ち込み 参加人数:15名程度 優勝賞品:Amazon Kindle PaperWhite(Wifi)×1台 申込みページ:https://event.shoeisha.jp/order/apply/6 ●『Windows on AWS 体験ハンズオン』

 アマゾンのクラウドサーバ(Amazon EC2)上でWindows 2012 Serverを起動し、操作する体験ハンズオン。Windows開発者の皆さんがクラウド開発を始める上での基礎をご紹介します。

時間:13:10~14:40(90分) 講師:アマゾン データ サービス ジャパン(株) ソリューションアーキテクトチーム 参加条件:AWSアカウントをもっていること+Windowsサーバの操作ができること+PC持ち込み 参加人数:15名程度 申込みページ:https://event.shoeisha.jp/order/apply/9 ●『クラウドデザインパターン(CDP)体験ハンズオン Scale Out パターン編』

 アマゾンのクラウドサービス(AWS)を使ったデザインパターンの基礎を実習形式でご紹介します。今回はElastic Beanstalkを利用して非常に簡単にScale可能なWebアプリケーションのアーキテクチャを構築して頂きます。

時間:15:15~16:45(90分) 講師:アマゾン データ サービス ジャパン(株) ソリューションアーキテクトチーム 参加条件:AWSアカウントを持っていること+Amazon EC2/S3の操作ができること+PC持ち込み 参加人数:15名程度 申込みページ:https://event.shoeisha.jp/order/apply/10  

CodeZine

トピックスRSS

ランキング