ヴェルク、日本発のスマホアプリCMS「Patto」をリリース

CodeZine / 2013年2月13日 12時4分

 ヴェルクは、iPhone/Androidアプリを簡単かつ低価格で作れる、スマホアプリCMS「Patto」を、12日にリリースした。利用料金は、サーバ費用込みで月額3万円~。

 「Patto」は、あらかじめ用意された機能を自由に組み合わせて、スマートフォン向けアプリを作成できるCMSサービス。

 記事機能、イメージギャラリー、ムービーギャラリー、イベント機能、バナー機能、店舗検索、メニュー機能、クーポン機能、データ検索機能、会員機能、SNS連携、WordPress連携、アクセス解析など、多彩な機能を用意しており、多様なニーズへの対応が可能となっている。標準機能で対応不能な用途については、独自機能を追加できる。

 各機能は、独立性の高いモジュール設計を採用しており、カスタマイズによってパッケージのバージョンアップが困難になる問題を回避している。また、APIによる外部システムや、既存WebサイトCMS連携による運用負荷の軽減、管理画面での権限管理、操作履歴の記録など、企業の情報セキュリティニーズにも対応する。

 なお、ヴェルクは長らくAWS(Amazonクラウド)を活用したシステム開発に携わっており、「Patto」でもAWSを利用した拡張性の高いサーバ構成を採用しているので、アプリ利用者の急増によるサーバ負荷についても考慮されている。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング