エージーテック、「Androidアプリリバースエンジニアリング対策セミナー」を開催

CodeZine / 2013年3月4日 11時46分

 エージーテックは、Androidアプリのリバースエンジニアリング悪用による被害を未然に防ぐために、難読化によるアプリの保護方法を紹介するセミナー「Androidアプリリバースエンジニアリング対策セミナー」を、25日に開催する。参加費は無料。

 近年、Androidアプリの多くがリバースエンジニアリングによってソースコード解析が行いやすい言語で開発されており、不正改ざんの標的になっている。「Androidアプリリバースエンジニアリング対策セミナー」は、難読化によってアプリを保護し、悪意のある不正アプリの蔓延を防ぐ対策方法について解説する。

 プログラムは、『リバースエンジニアリング対策の必要性 ~Android向けマルウェア増加の現状と対策について~』『難読化とは ~ソースコード保護の観点からの手法について~』『難読化ツール「DashO」を用いてのデモンストレーション ~OSS難読化ツール「Proguard」との比較~』を予定しており、セミナーの最後には質疑応答の時間も設けている。

 開催時間は14時30分~16時で、14時から受付を開始する。会場は、エージーテックセミナールーム(東京都千代田区神田錦町1-21-1 ヒューリック神田橋ビル3F)。

 セミナーの受講は事前登録による予約制で、事前にWebサイト上のフォームから申し込みを行う必要がある。


CodeZine

トピックスRSS

ランキング